tact/tactful

654

d0086231_1151324.jpg 前回の言葉 tactless は容易に ' tact が無い ' と考えられます。そして「 tact という言葉があり、多分 tact がある、それもたっぷりある、という別の言葉もあるに違いない」という考えも浮かびますね。

 どんな場合でも上の考え方が当たるとは限りませんが、' tactless ' の場合はアタリです。

tact;
the ability to be polite and careful about what you say or do so that you do not upset or embarrass other people

tactful;
careful not to say or do anything that will upset or embarrass other people

 印象的な例文として、

I wanted to to know about the divorce, but thought it would be tactless to ask.

 などというのはどうでしょう。いかにイギリスでは離婚が多いとはいえ、面と向かってそのことを尋ねるのはやはりどうかと思われます。そこのところを思いやるのが tact であり、少なくとも当事者が冷静に振り返ることができるまで待つのが tactful だということになりましょう。

 ニュアンスは違いますが diplomatic という言葉も意味が似ています。

diplomatic;
dealing with people politely and skilfully without upsetting them

 ところで「タクト」と言われる棒があります。 conductors の使うものですね。' a tact ' かなと思ったらこれが全く違うんですね。「タクト」は英語では ' baton ' です。

 さて次回は discreet/indiscreet という言葉の名詞形である ' discretion ' という言葉について書いてみたいと思います。tact とは又違った意味と使い方があります。
by michikosimon | 2009-09-08 12:23 | イギリスにて | Comments(0)
<< discretion, ... tactless >>