English Breakfast

d0086231_22183362.jpg57

 さてお待ちかねの English breakfast です。前回に述べたように、普通の家庭の朝は日本と同様忙しく、とても full English breakfast など、作る暇も食べる暇もありません。

 私のイギリスでの最初の滞在地のコベントリーでの普段の朝食は、紅茶に toast か cereal または両方。たまに変わったものとして crumpet, muffin などが出されました。この crumpet を私はある言語学習的理由でことに気に入りました。このことについては機会があったら書きます。これらパン類にはバタージャム、甘いのが嫌いな人は marmite などを塗って食べます。トーストにまずバターを塗ってからジャム、はちみつなどを塗る、という習慣はイギリスで学びました。太るわけですね。

 こういう日本とほとんど同じ朝食習慣を旅行者は多分覗くことなく、ホテルや B&B などで full English breakfast などを召し上がっているのでしょう。昨日のせた写真でも明らかなように、これは非常にボリュームのある食事です。私などこれを食べると満腹感が延々と続き、昼食もほとんど要らないくらいです。

 私たちの full English breakfast の食べ方;

 まず starter としてオレンジなどのジュースと cereal、または運が良くて musli (乾いたものでなく、ミルクに1晩ひたしたもの)があればそちらをを食べます。

 その後注文した cooked breakfast が熱いお皿にのって運ばれたのをいただきます。ソーセージはあまり好きではありませんが、ベーコンは必ず選びます。ベーコンを焼く時にでる脂で炒め揚げした半切れのパンはとても良い風味があるので、ときには頼みます。卵は(注文時に How would you like your eggs? と聞かれる) scrambled にします。あとは fried mushrooms や grilled tomatoes を、サイモンはそれに baked beans を注文します。脂っこいものばかり。
 
 そしてそのさらに後、トーストとバター、マーマレードをお茶かコーヒーと一緒に食べます。

 こんなことを毎日していては絶対にいけない、というような食事です。旅行から帰ったらスポーツジム通いに精を出さねばなりません。とはいってもついこれを注文してしまうんですよね。

 なかには自制できる方もいて、スペインの女の方などは、シリアルとパンだけをチョコレート(飲み物)と一緒に食べるのが好きなようです。スペイン製のインスタントのトロリとしたチョコレートドリンクを持って旅行する人もいるくらいだそうです。彼らはパンをちぎってチョコレートにひたして食べるのです。

d0086231_23474224.jpg もしイギリスに行ったら、ガイドブックにのっているような旅行者でいっぱいの有名なレストランばかりでなく、時にはどこにでもある普通の地元のイギリス人の行くような cafe(caff ともいう) や pub( lunches/evening meals available とある所のみ) をのぞいてみては如何でしょうか。写真にあるようにほとんどの cafe や食堂にはこの full English breakfast はあります。朝食ですがたいてい1日中 (served )食べられます。またここに限らず vegetarian 用のメニューは必ずと言ってよいほどあります。

 日本人の口に必ず合うとは限らないかもしれませんが、日曜の昼も近い頃近所の人が 新聞などを手に English breakfast を食べにきているのが見られるでしょう。 fish and chips にならぶイギリス食の代表です。
by MichikoSimon | 2006-10-25 00:01 | 英語
<< will/shall, Co... He's always... >>