licence/qualification/certificate

d0086231_21342482.jpg84

 この3つの言葉は日本語の「資格」に関係していますが、それぞれかなり違っています。今日はそれをはっきりさせましょう。

 1、licence /ˈlaIsəns/ (アメリカでは license と書くのかもしれません)

 意味は1つではありませんが、1番よく使われるのは driving licence, firearms licence (銃の所持許可証)のようなものです。意味は;

 an official document giving you permission to own or do something for a period of time

 とあります。つまりこれは、公式に発行された文書であり、一定の期間内の、ある物を所持したり、あることをする許可を与えるものです。

d0086231_22562870.jpg 2、 qualification /ˌkwɒlIfIˈkeIʃən/

 最も多く使われる意味は「学歴」に関係していて、この場合普通は複数形が用いられます。

 examinations that you have passed, especially at school or university

 とあります。つまり、学校(大学以下の)や大学で合格した試験のことです。試験といっても中間テスト、期末テストの類ではなく、学校の修了や大学卒業を賭けた試験です。イギリスの学校制度についてはまた別の機会にお話しすることもあるかとおもいますので、ここには記しませんが、日本とは大分違っています。

 qualification には別の意味もあって、これは学業よりも広い意味での何かをするのに必要な能力一般を意味します。

 1との違いは、qualification は「目に見えないもの」です。文書のように差し出せません。

d0086231_21542346.jpg 3、certificate /səˈtIfIkət/

 2の写真を見て下さい。巻いた卒業証書のようなものがあります。ある学部学科の qualifacations や completion (試験に受かって無事修了)を証する certificate でしょう。これなら qualification が「目に見えるもの」になり、差し出して、「ほらこういうのを持っていますよ」と言えるものになりますね。

 certificate というのは、licence と同じく ' an official document ' つまり「公式文書」です。ただこの文書に述べられるのは、なんでもよい「事実」です。そしてその事実は「真正」であると証するのが certificate です。

 ですから日本の卒業証書にあたるものも certificate です。大学や学校の課程を無事試験に合格して修了できたことの証書です。

 3者の違い、おわかりになりましたか?
 
 licence と certificate が文書であり、qualification は能力やその現れである。
 licence は非常に限られたことについての許可証である。
 これに対して certificate はほとんどどんなことに関しても用いられ得る。許可証ではない。

 licence は「法律でそれを持たずにするのが禁じられていること」について言いますね。certificate はよく、イギリスなどでも語学学校の課程を修了した時とか、 tourism では例えば「羽黒山神社への2400段あまりの石段を登った」というようなことを証明するとか、かなり自由につかわれています。 
by MichikoSimon | 2006-11-21 23:30 | イギリスにて | Comments(0)
<< volunteer / 奉仕 post >>