whaling

d0086231_21262155.gif268
 
 GW ではマスコミなどの調子に「インド、中国そしてそれに続いてくるかもしれない第三世界の脅威」という響きを感じます。 Kyoto Treaty を無視しようとしたアメリカの議論の1部がそれでした。

 現在浪費型のアメリカの carbon footprint は per capita 20トン/年です。中国のそれは3トン位、インドは1.2トン位なものの人口が大きいので(ちなみに日本は10トン位)全体としては多量の carbon dioxide を排出しているということになります。そういう国の国民が現状に甘んじていないで西欧型の(エネルギー浪費型の)生活を目指したらどうなるか?先進国だけに排出規制を課すのはおかしいという論理です。
 
 たしかに今のような形での快適な生活を全員に長期にわたって可能にする程地球は資源があるわけではないことは確かです。でも何か割り切れない気持ちがします。それは whaling に対する非捕鯨国の論調を聞く時に似ています。過去に大量のクジラを狩って、油だけ絞って肉は捨ててきた西欧国、クジラ種激減の元を作った国々が、現在の捕鯨国を幾分感情的にも批判する。鯨保護の必要は確かにあるかもしれないのですが、心に何のかげりもなく一方をあのように非難できるのだとしたら、こわいと思います。

d0086231_21263695.jpg 「雪原の行進」の比喩というのを随分まえに聞いたことがあります。世界の人々が雪原を行進する。先頭のグループはだれも歩いていない virgin snow の上を歩けます。気持ちがいいですよね。ところが、雪は列のあとになる程踏みつけられ、かき回されて汚れていき、最後の1団は同じ場所でもドロドロのぬかるみを歩かなければならない、ということです。先頭の集団は先進国、後部のグループはいわゆる第三世界の国の人々です。人間は悲しいかな、平等ではないのです。
by michikosimon | 2007-06-27 22:52 | 英語 | Comments(2)
Commented by げんた at 2007-08-12 07:41 x


>それは whaling に対する非捕鯨国の論調を聞く時に似ています。過去に大量のクジラを狩って、油だけ絞って肉は捨ててきた西欧国、クジラ種激減の元を作った国々が、現在の捕鯨国を幾分感情的にも批判する。

油を取る為だけに鯨を殺し肉を棄てたのは欧米だけではありません。
第2次大戦前には日本の捕鯨船団も南極で大量の鯨肉を南極海に廃棄していました。 日本は1934年に南極捕鯨に参入し、大戦の勃発で中断されるまでの7年間にシロナガスなどの大型鯨を中心に約3万5千頭を殺しましたが、この頃は輸出用の油だけが目的でした。 そして総量約80万トンにも上る驚くべき多量の鯨肉を南極海に廃棄しました。
このような大量の鯨肉は到底国内市場で処理できず、農林省はその持込を禁止したのです。 

この時活躍した捕鯨母船は大戦中に徴用され連合軍により悉く撃沈されました。

大戦後再建された捕鯨船団は当時の国民の飢えを救うことを緊急の目的としていたのですから、当然鯨肉は消化され、日本捕鯨業は油と肉の両方で利益をあげることが出来ました、


Commented by michikosimon at 2007-08-12 15:37
貴重な情報をありがとうございました。不勉強を恥じております。
確かに戦後の食料事情の要請もあるでしょうし、日本人の食生活も、動物性タンパク質の多取はつい最近まで一般的でなかったのでしょうね。
<< offset per capita >>