hidden extras 過大広告、そういうことだったのか!

d0086231_17484056.jpg363

 先日 mobile phone companies が半額割引広告の表現について公正取引委員会から警告を受けました。

 実は私達もその割引 scheme を取ろうかどうしようかと考えていて、9月頃お店に行って来ました。お店なので職員がていねいに説明してくれて、よく理解できたのですが、それでも「エエッ、そういうことなんですか!」と驚くことは驚きました。けれどお店に行ったもう1つの用事の、番号を1つキャンセルした際に「この番号は5年以上使われたので、「家族割り」の解約金は発生しません」と言われたのには、本当に驚きました。今回警告されたのではない以前からある家族割りも「やめれば解約金を払わなければならない割引制度」だったんですね。 知りませんでした。

 こういうことを ' hidden extra ' と言います。広告面からこれだけを払えばいいと見積もっても、隅に小さな字で追加の費用が書いてあって、後で「こんなに額が大きくなるなら契約などするんじゃなかった!」と嘆くことになることもあるでしょう。

 この言葉はよく広告で見かけます。

' No additional costs, no hidden extras '
by michikosimon | 2007-11-22 18:28 | イギリスにて | Comments(0)
<< autumn flush of... Mary dearly lov... >>