do your sums

d0086231_2228789.jpg378

 ' sum ' という言葉を私は何故か日本語で言う「和(足し算の答え)」と関連付けて考えていました。ところがこれは実は、加減乗除ひっくるめた「計算一般」を意味するものなのですね。特に小学生などが学校で習うような単純なものを言います。

 ' do one's sums ' という言い方は idiom で、『「何かをするのに充分なお金があるかどうかを調べるために」計算する』ことを言います。イギリス独特の表現かもしれません。

 この idiom を実際に聞いた時にも上のような感想をもったことを思い出します。ある日曜日、Bristol の自宅のテラスで友人達と共に、共同庭で思い思いのことをして楽しんでいる隣人たちを見下ろしておしゃべりをしていた時のことです。ある夫婦が小さな机を芝生に持ち出してそこで何か書いたり読んだり話し合ったりしているのを見て、' They're doing their sums. ' と言った人がいました。そうですね、本当に小学生が相談しながら計算しているように見えました。でも立派な大人ですから単なる学科の計算というより、お金に関することだという感じもしましたね、この idiom の意味は知らなかったにも拘らず。

 でもその当時は「和」という思い込みがありましたから、私の感じたことは、「足し算だけではお金の管理はできないから、この sum というのは計算の代表という意味であろう」ということでした。合っていましたね。

 耳で覚えた言葉はえてして辞書で確かめることをあまりしないものですが、それでもとんでもない誤解というのはそれほどないものなのかもしれません。 
by michikosimon | 2007-12-17 23:09 | イギリスにて | Comments(0)
<< an ear of corn soaking wet ズブ濡れ >>