space 不思議な名詞

d0086231_2231423.jpg380

 テーブルの上にリンゴが1つあります。このリンゴの周りの空間を次々に大きくしていくと。

There's an apple on the table. The table is in the classroom. The classroom is in the house. The house is in Akabane. Akabane is in Tokyo. Tokyo is in Japan. Japan is on the Earth. And the Earth is in space.

 途中もっと複雑にしてもいいのですが、最後には ' in space ' になります。

 この ' space ' という言葉ですが(地球や太陽や他の星のまわりの部分、宇宙)、これには ' the ' はつきません。とても不思議な名詞です。

 似たような名詞、ひと続きになっていて切ったり分けたりできない ' sky ' や ' sea ' は普通 ' the ' をとります。ひとつしかないものですからね( ' a/an ' と ' the ' の basic な使い方を思い出して下さい)。

 space も同じようなものだと思うのですが、 どうして扱いが違うのでしょう。勿論この意味での space は things in general (たとえば space and time 空間と時間、という意味のときはそうです)ではありません。具体的に地球の周りなどにある空間のことです。

 言語に理屈を求めてはいけないのかもしれません。
by michikosimon | 2007-12-19 22:59 | イギリスにて | Comments(0)
<< metropolis/metr... an ear of corn >>