hit, beat、1回? それとも繰り返し?

d0086231_1745412.jpg396

 「一瞬のうちに起こる」とか、「素早くするべき動作をする(たとえを捜すのが難しいのですが、例えば蚊を叩くとか)」など、「今何々しつつある」という進行形にしにくい言葉というものは確かにありますね。

 ' know ' や ' believe ' などの state verbs (状態動詞)はもちろん文法的に「進行形をとらない動詞」です。皆さんも学校などで習ったことでしょう。でも動作動詞で、進行形がとれそうなものですが(瞬間を拡大したスローモーションで見れば OKですよね )、普通の生活の中では進行形では言わないという動詞はあると思います。例えば ' hit ' がそうではないでしょうか。

hit;
to touch someone or something quickly and usually hard with your hand, a stick etc..

 ところが面白いことに、似たような意味で ' beat ' という動詞があって、これも ' hit ' の意を含むのですが、これは例えば右の写真の昔の大掃除風景を describe するのに ' There are some men working outdoors . 2 of them are beating a tatami mat. ' と言って構いません。進行形を使って自然です。なぜなら、

beat;
to hit someone or something many times with your hand or with a stick

 繰り返し hit するのが beat なのです。音楽で 4 beat とか 8 beat とか言いますし、卵を泡立てるとか、心臓が拍動するのもこの動詞で表わされます。
by michikosimon | 2008-02-07 18:30 | イギリスにて | Comments(0)
<< I like to see/I... I'm on my w... >>