agree これがおしまい系?

d0086231_22284456.jpg 417

 ' agree ' という言葉は意味としては ' same opinion ' とか ' decide together ' とか ' say yes ' となり、「おしまい」とはかけはなれた感じですが、 function 的にはそういう使われ方をされることが多いと思います。会議や話し合いは何らかの ' agreement ' を得るためのものですし、例えば契約などは、双方が ' agree on it ' したら握手してお開きになります。

 言葉の function というのは、意味とは別にある言葉が社会的にどのような機能をもって使われているか、ということです。' It's been very nice to talk with/to you ' は「終わらせる」という function をもっています。これは既に出てきましたね。

 この「話し合いをこれ以上続けずに打ち切る」という function をとてもよく感じさせる表現は、右の写真の題になりそうな ' Let's agree to disagree ' または ' Let's agree to differ ' です。みんな同じであることはない、説得や折伏とかそんなものは必要ない、まさに「みんなちがって、みんないい」です。

agree to differ;
to accept that you do not have the same opinions as someone else and agree not to argue about it

 ' agree ' と同じことが ' decide ' という言葉にも言えるでしょう。決めたらそれで(その作業は)終わりです。

 そうなると、 ' discuss ' とか ' argue ' は「あきらめずに続ける」という感じの言葉となりますね。
by michikosimon | 2008-03-10 23:01 | イギリスにて | Comments(0)
<< heavy-duty Sweet Brier, Th... >>