give in しぶしぶ系の phrasal verb

441

d0086231_20572197.jpgShe's never given in.

 中断していた「しぶしぶ系」の言葉に戻ります。

 写真は「琉球新報」という新聞からとったものです。2005年といいますからもう3年程前。でも私達は2001年の春(あの 9.11 の数ヶ月前)に彼女を the White House の前で見かけ話をしたことがあります。

 たしか頭部のスカーフの下はもしもの時のためのヘルメット様のプロテクターだと言っていたような気がします。そして toes (足指)が嫌がらせ attack のため変形してしまっている、とか。

 あれからもずっと抵抗の姿勢を崩さなかったとは、a really amazing woman です。' won't give up, won't give in ' の見本のような方ですね。

give in;
(phrasal verb) to unwillingly agree to someone's demands after they have spent a lot of time auguing with you, trying to persuade you etc.

 ' after they have spent a lot of time ' というのですから、簡単に軍門に下るというわけではなく、かなりの抵抗を示してから、という感じです。

 ' give in ' と ' give up ' はどう違うのかといいますと、

give up;(phrasal verb)
1, to stop doing something or having something, especially something that you do regularly
2, to stop attempting to do something, especially something difficult, without completing it

 写真の女性の場合は1の意味になります。どうでしょう、' give in ' に比べて自主的というか「こうしろ、ああしろ」と言う他人の存在を必ずしも想定していません。「言いくるめられる」とか「強制される」という他律の感情が「しぶしぶ」 give in の背景にあるのではないでしょうか。 
by michikosimon | 2008-04-23 21:34 | イギリスにて | Comments(0)
<< resign oneself ... shadow/shade 影と陰 >>