It's nothing to do with you 何でもオープンというわけではない 

461

d0086231_2239242.jpg この言い方、はっきりと思い出せる場面があります。もう20年位前 Coventry の英語学校にいた時のことです。同クラスにいた日本人の女の子が教師にちょっと失礼なこと(教師の個々の生徒の授業中の performance についてのメモを覗き読みしようとしたこと)をして叱られてしまいました。その時の教師の言葉がこれでした。

 右の絵のように毅然と;

It's nothing to do with you !
( saying that someone should not ask about something )

 つまり、教師のそのメモは生徒である君の与り知るものではない、何が書いてあるか見たり尋ねたりすべきものではない、ということです。

 私は今までこれを It has ( = It's )nothing to do with you だと思っていました。ところがこれは It is nothing to do with you なのですね。idiom です。「あなたの知った事ではない」、とか「あなたが口を差し挟むことではない」とか「あなたには全く関係のない事だ」とかいうニュアンスの言い方です。辞書の例文には次のようなのもあります。

What I do when you're out is nothing to do with you.

 「君の留守中に何をしたのかいちいち報告しなくちゃならないという事はないだろう」。
by michikosimon | 2008-06-04 23:16 | イギリスにて | Comments(0)
<< What's it d... I could do with... >>