Where's your hat ? あるべきものがない

463

d0086231_16453238.jpgWhere's your hat ?

 右の写真のような日差しの強い日、または寒い冬の朝、学校へと出がけの、絵のなかのような女の子にかける言葉として覚えています。帽子をかぶっているべきなのです。「帽子をかぶらないとダメじゃないの」、「帽子はどうしたの!」といった感じの「しつけ言葉」とも言えるものですね。

 昨日ちょっと書きましたが、この疑問文は何かを尋ねている訳ではありません。' rhetorical question ' といって、question の形を取った statement です。

Where's your hat ? = Your hat should be on your head, but it isn't.

 ということです。 ある場所にあるべき物がない、そしてそれはいけないことである、という意味です。

 もう1つはっきりと覚えているこの種の使用例は私自身のもので、' Where's your car ? ' というものでした。ある朝ロンドンへ出かけようとしたら、友人の車が昨夜駐車した所に無い! まあこれは「しつけ言葉」からははずれますが、「こんなことがあっていいはずはない!」という気持ちが込められています。「こんなこと」というのは、イギリスでは珍しいことでもなんでもないのですが、車の盗難です。

 今ふっと思ったのですが、よく電車の優先席を若い元気そうな人が占領している前にお年寄りが立っているなどという風景にこの表現あてはまるのではないでしょうか。

Where's his/her seat ? (とはいえ、実際に人に向かって口に出さない方が安全だと思います)

 ' Where's my seat ? ' と自分で言うのはなおさら止めた方が良いと思います。正論でもこの言い方何か傲慢に響きます。自分の子供とかよく知っている近所の子供などへの、やはりこれは「しつけ言葉」の性質を色濃くもっているのでしょうか。
by michikosimon | 2008-06-06 22:32 | イギリスにて | Comments(0)
<< at school/work ... What's it d... >>