at 10, on Monday, in June ' at ' と「時」

467

d0086231_19234268.jpg ' at ', ' on ', ' in ' と使い分けで「小さい順に at, on, in と使う」という、かなりの人がなんとなく信じている法則は、『「場所」ではなく「時」についてなら成り立ちます』 

 ここにサイモンと一緒に TESOL (Teaching English for Speakers of Other Languages) を学んでいた時に使っていた教科書の1つがあります。そこにある prepositions の指導法から皆さんに役立つと思われる箇所を紹介します。

At is used for the smallest units; At this moment/nine o'clock. 

On is used for the bigger units; On Tuesday/the 24th of May.

In is used for the biggest units; In May/Spring 1975/the tenth century. 

( from ' An Introduction to English language Teaching ' by John Haycraft)

 そして基本はこれとした上で、これに合わない例(たとえば ' at night ', ' in a moment ', ' at the weekend ', ' in the afternoon ' など)を idioms として教えると良い、としています。

 そうなのですよね。英語という言語にはつくづく「原則に合わないこと」が多いのです。発音からして spelling 通りではないものだらけです。

 教えるコツがこのように「まず原則」そして「沢山ある例外は idioms として」教えるのなら、多分習うコツも同じようなものでしょう。 時間がかかりそうですが、ひとつひとつコツコツといきましょう。   
by michikosimon | 2008-06-12 21:40 | イギリスにて | Comments(0)
<< at the beginnin... at the doctor&#... >>