actually

480

d0086231_17384667.jpg Yesterday I saw Love Actually.
Really? What's it about ?
Well, it's all about love, actually.

 ちょっとおかしな会話ですが、おわかりですか? ' Love Actually は映画の題名です。

 サイモンからこの ' actually ' のニュアンスを説明して欲しいと頼まれました。この言葉の意味は御存知の方も多いかとも思います。

 ' thesaurus ' と呼ばれるもので(「類語辞書」でしょうか) ' actually ' の項を見てみると;

actually;
really, in fact, in point of fact, as a matter of fact, in reality, indeed, truly, in truth, to tell the truth, etc.

 これだけ並んでいれば意味は大体推測できるでしょう。問題なのはそのニュアンスで、それがわからないとたとえば最初の会話などもわかったような気になれないでしょうし、自分で使うことも難しいでしょう。

 さてそのニュアンスですが、私見で単純化して ' surprising ' とか ' not expected ' という風に表現できると思います。

 日本語の「実は」、「本当に」というような言葉もしばしば聞き手の期待を裏切るような感じに使われることがありますが、そういうフィーリングです。

actually;
used when you are telling or asking someone what the real and exact truth of a situation is, as opposed to what people may imagine.

 冒頭の会話の最後の発言は、『 Love Actuallyという映画は「文字通り本当に」 love についての映画なのよ(あなたはそう思っていなかったかもしれないけれど)』、という風に読めばよいと思います。

 明日もこの言葉をもう少し掘り下げてみたいと思っています。
by michikosimon | 2008-07-01 22:42 | イギリスにて | Comments(0)
<< actually ちょっとアク... keep a diary この... >>