probably と will, perhaps と maybe

507

d0086231_12275332.jpg 先日クラスで生徒の1人から質問がありました。英和辞書で引いた ' probably ' と ' perhaps ' の違いがよくわからないというものでした。私も常々英和辞書では、日本語の語感が混ざってしまうためか、言葉の意味をはっきり説明できていないことが多いと思っていました。

 ' probably ' も ' perhaps ' も物事が起こったりすることが「どれくらいありそうであるか」ということを示す adverb です。

 まず ' probably ' ですが、これは ' will ' と関連付けて覚えておくと良いと思います。両者はよく一緒に使われるのです。

I'll probably be late this evening.

 以前「単純未来の will 」に書いたように、前方に霧がかかっていてはっきりとは見えないという、まあ大体 70 - 80 %ありそうである、という感じが probably にはあります。

d0086231_12281020.jpg これに対して ' perhaps ' はもっと低い蓋然性を示します。' maybe ' と同じ 50 % 位。そうであるかもしれないし、そうでないかもしれない、どっちとも言えないといった感じ。

 ですから ' maybe ' と ' maybe not ' は双方 interchangeable (互いに意味を変えないで置き換えられる)とされています。

 ただ、' perhaps ' と ' maybe ' は style に違いがあって、前者は more formal です。

Beijing is perhaps the most interesting city now.
by michikosimon | 2008-08-27 12:59 | イギリスにて | Comments(0)
<< start a family ... quiz ? riddle ? >>