even Me 誇り高き Rabbit の言葉

532

d0086231_16342483.gif 527 で驚きや意外さを加味する副詞というのを紹介しましたが、これにもう1つ付け加えたいと思います。' even ' がそれです。

 この言葉が印象的に使われている場面を紹介します。A.A.Milne の ' Winnie-The-Pooh ' の中で Rabbit が教師のごとく Pooh と Piglet にある計画を説明するところです。

 この Rabbit は私の大好きなキャラクターで、前にも取り上げたことがあります。イラストはよく見るディズニーのものではなく、味わいのある E.H.Shepard のオリジナルの方でどうぞ(右)。
 
" ..... This is what Rabbit read out:

PLAN TO CAPTURE BABY ROO

1, General Remarks. Kanga runs faster than any of Us, even Me.
2, More General Remarks. Kanga never takes her eye off Roo, except when he's safely buttoned up in her pocket.
3, Therefore. If we are to capture Baby Roo, we must get a Long Start, because Kanga runs faster than any of Us. even Me. (See 1.) ... "

 Roo はカンガルーの Kanga の息子でまだ赤ん坊です。彼らが突然森に現われたので Pooh たちはパニックに陥り、Rabbit が立案し紙に書いた plan を実行してこの事態をなんとかしようということになります。森の中では1番賢くプライドの高い Rabbit は重々しく箇条書きになっている plan を読み上げます。

 ' even Me ' を2回繰り返し、(See 1.) となっているのがおかしいですね。頭の良さのみならず「脚の速さ」にも自信があるようです。

even;
used to emphasize something that is unexpected or surprising in what you are saying

 「Kanga は森の中のどの動物より脚が速い、驚くべき事に、ボクよりも速い」つまり、Kanga の脚の速いことといったら「たとえボクでもかなわない程」、「ボクも脚の速さには自信があるのだけれど、なんとそのボクをもしのぐ程」という響きになります。

 even の次に来るものが「普通なみではない、普通に考えられない(すくなくともそのように speaker が思っている)」という了解の下に emphasis 強調が成り立つのです。
by michikosimon | 2008-10-03 21:46 | イギリスにて | Comments(0)
<< blink/wink, twi... I'm disappo... >>