available 訳しにくい言葉ですね

540

d0086231_1694391.jpg 経済関係の言葉が続きましたが、今日はちょっとそこを離れます。

 ' available ' という言葉を私が初めて習ったのは何時のことだったのでしょうか? はっきりと思い出せるのは 1987 年、イギリス人の英語教師と生徒たち15人位でキャンプに行った時でした。その前に、例えば高校で習わなかったのでしょうかねえ。日常生活でかなりよく使われる大事な言葉なのに。

available /əˈveIləbl/;
(形容詞)ready for you to use, have or see
(例文)I phoned the hotel to ask if there were any rooms available.
(例文)I'm sorry, the doctor is not available this afternoon.

 例のように、「ホテルの部屋が空いている」、「医者が外来を受け持っていて予約の入っていない時間がある」とかで、' ready for you ' であるという意味です。

 ' ready for you ' というのは場面によっていろいろに訳され得るので、これだけを「透明に」訳すのは難しいです。' available ' も同じですね。

The book in the library is available.
The book is now available in paperback.
We need more accommodation available for students.
There still aren't many jobs available to women.

d0086231_1875037.jpg 抽象的に、物や人やサービスが求めれば与えられる状態になっている、ということです。

 そうなっているということは ' not available ' の状態になって初めて気が付くのかもしれませんね。昨日電車が人身事故でストップしてしまい( ' not available ' )、常日頃当たり前のように思っていた電車の ' availability ' の有り難さを感じました。

 右上の写真は表示されていません。「ご覧になれません」ということです。

 ちょっとドキリとする available の使い方もあります。Dustin Hoffman の「卒業」という映画の中で、Mrs. Robinson が彼に ' I'm available for you ' と言う場面があります。 
by michikosimon | 2008-10-15 18:13 | イギリスにて | Comments(0)
<< mortgage/loan economic/econom... >>