stocks and shares

543

d0086231_17545917.jpgアメリカ発の financial crisis のあおりで日本経済も大打撃を受け、日経平均が急降下してしまいました。経済用語の「株」は ' stock ' とか ' share ' と言います。

stock;
1, a supply of something that you keep and can use when you need to
2, things that a shop keeps ready to sell
3, a share

share;
one of the equal parts into which the ownership of a company is divided

 この名詞には両方、それらの基になった動詞があります。

stock;
( verb )keep something ready to use or sell

share;
( verb )to divide something between two or more people

 面白いと思うのは、この2つの「株」を意味する名詞の元となる考え方の違いです。' stock ' のほうはある会社の資産というか会社そのものというか(を株主は持つ)という面に着目し、' share ' のほうはその資産を共有する(その分割された部分部分を持ち合う)ということを強調しているということです。

 日本語の言葉の術語は漢字から類推できてわかりやすい(英語に比べて)とばかり思っていました。英語の術語にはやたらラテン語などが使われており、例えば「小児科」などは子供でもわかるのに、英語では paediatrics と、ラテンだかギリシャ語だかを知らないと想像もできないというむずかしさです。

 でも「株」の件に関しては英語の share のほうがわかり易いですね、経済の勉強をしなくとも shares を持つということは「その会社を他の人と共有する」ことなのだと理解できます。

 「株主」つまり株の所有者はイギリス英語では ' shareholder ' と言いますが、聞く所によるとアメリカでは ' stockholder ' と言うそうです。
by michikosimon | 2008-10-21 19:13 | イギリスにて | Comments(0)
<< book/to book/bo... house/to house/... >>