biscuit/cookie 同じ物です、英国とアメリカと

545

d0086231_18425060.jpgbiscuit;
イギリス英語、a thin, flat, dry, usually sweet cake that is usually sold in packages or tins

 この言葉綴りは少々おかしいですが、実はフランス語から来たものです。' bis ' が2を意味し、ビスキュイ、「2度焼きしたもの」という意味だそうです。

 さて上の定義の通り「平で薄い、乾いた、普通は甘い菓子で、普通は缶や袋入りで売っている」もの、私はこれに often homemade と付け加えたいですが、ということです。

A; Would you like some tea ?
B; Yes, please.
A; How about a biscuit ?
B; No, thanks. I'm on a diet.

 こんな対話はよく初心者用の会話の教科書のあります。

 日本でよく言われるように、乳児用やハードビスケットのようにバター分の少ないものは biscuit 、バターや砂糖の割合が多いものは cookie と呼ばれるのとはちょっと違って、どちらも定義にある形状の焼き菓子の総称です。以下のように、同じものをイギリス英語では biscuit と言い、アメリカ英語では cookie と言います。

d0086231_1843644.jpgcookie;
アメリカ英語、a thin, flat, dry, usually sweet cake that is usually sold in packages or tins

 イギリスでは cookie という食べ物はほとんど聞かれませんが、アメリカには biscuit という食べ物があります。

biscuit;
アメリカ英語、a type of bread baked in small round pieces

 左の写真を見て思い出したのは、はっきりした題名は忘れましたが,白い犬と老人の物語です。題名から普通は犬が最後に死ぬのかと思うと、そうではなくて老人の方が死ぬ、という本の中の場面です。

 そこで、近所の老女だか親戚の1人だかがその老人に「彼はビスケットひとつ自分では作れない」と言い、老人は老人で、自分はこうこうやってみるのだがどうもうまくいかない、というようなことを言います。そこで私が思ったことは、どうもこのビスケットというのはお茶に添える甘い菓子ではなくて、食事用のパンのようなものらしいということでした。本当にそうだったんですね。 
by michikosimon | 2008-10-23 21:43 | イギリスにて | Comments(0)
<< share - fair 彼ら... book/to book/bo... >>