share - fair 彼らにとって大事なこと

546

d0086231_1653848.jpg ' stocks and shares ' のところで ' to share ' の意味については簡単に説明しました。

to share;
( verb )to divide something between two or more people

 これは ' stocks and shares ' を説明する際にはよい定義だったのですが、実は ' share ' にはこれよりももっと基本的な意味があるのです(もっと頻繁に使われる意味と言った方が良いかもしれませんが)。

to share;
( use equally ) to have or use something that other people also have or use at the same time

 つまり,「あるものを所有したり使ったりするのだけれど、その同じものを他の人々も同時に所有したり使ったりする」ことです.ちょっとわかりにくい言い方で、カッコ内の「平等に使う」の方がピンとくるかもしれません。

 よく教室でプリントなどが人数分無い時など、1枚を2人で share したり、en-suite bath のない部屋で他の泊まり客と bathroom を share したり、そんな際に使います。

d0086231_1652055.jpg ここで大切な観念は ' equally ' ということです。この考え方というか感覚はイギリス人にとってとても大切というか自然なものに思えます。

 これを彼らは ' fairness ' ( fair であること) と表現します。

 ' share ' と ' fair ' はきれいに rhyme しますね( /ʃeə/ /feə/ )。

fair;
1, reasonable and acceptable, a situation, system, or way of treating people that is fair seems reasonable and acceptable
2, treating everyone equally, a fair situation, judgement, description etc is one in which everyone is treated equally

 「公平さ」という質を基にした ' being reasonable and acceptable ' ということです。

 この ' fair ' を使ったイギリス人の好む言い回しがあるのですが、これらについては又次回に。 
by michikosimon | 2008-10-24 17:20 | イギリスにて | Comments(0)
<< It's not fa... biscuit/cookie ... >>