a prank call to Sarah これはおかしかったです


552

d0086231_2224414.jpg昨日の Governor Sarah Palin への電話のニュースはおかしかったですね。カナダのコメディアンがフランスのサルコジ大統領になりすまして彼女と6分間の対談に成功したという話です。どうぞお聞き下さい。よくわからなくても全然構いません、十分楽しめます。

 この ' prank call ' の ' prank ' という言葉ですが、サイモンもめったに聞くことがないような言葉だということです。

prank;
a trick, especially one which is played on someone to make them look silly

 私がこのニュースを知って思い浮かべた言葉は ' take the mickey out of somebody ' です。

take the mickey out of someone;
( informal especially British English ) to make someone look silly often in a friendly way, for example by copying them or by pretending something is true when it is not

 この表現は滞英1年目に習ったなつかしいものです。「その人のマネをしたり、本当でないことを本当であるというフリをしたりして、その人をバカみたいに見せる」ということですね。

 the prank call にあてはまりそうです。 Governor Palin の狩猟の趣味と中絶絶対反対の主張をあてこすったり( I love killing, too )、ロシアが見える所に住むという外交体験の深さを「私の家からもベルギーが見える」と言ってみたり。

 ただ ' trick ' という面があまりはっきりでていません。

trick;
1, something you do in order to deceive someone

 政治がらみの trick といえば、随分昔の「にせ電話事件」を思い出します。これこそまさに trick でした。

by michikosimon | 2008-11-03 22:40 | イギリスにて | Comments(2)
Commented by 屋台ブルー at 2008-11-05 14:24 x
全部理解できた訳じゃないけど、面白いですよね。こんな放送ができるカナダ?米国は面白いね。
Commented by michikosimon at 2008-11-05 22:31
何人もの有名人にこういう trick をしてきたグループだそうです。でも Palin 氏ほど上手くいったケースはなかったようで、それまでは用意したセリフを全部使う前に相手に気付かれ切られてしまったそうですが、彼女には + アドリブまで付け加えることができたということです。
<< pull someone... I'm on holi... >>