play the 楽器 どうして the がつくんでしょうね?

563

d0086231_1811658.gif さて、今日の play は「楽器を演奏する」という意味のものです。

 右の絵のように、' play the 楽器 ' の「楽器」のところになんでも好きなものを当て嵌めればそれで OK です。

play the cello, play the piano, play the contrabass, play the trumpet, play the saxophone, play the drum, play the harp, play the guitar, etc. etc

 以前イギリスで日本語を教えていた時、くろしお出版の比較言語学の本にこの例が出ていました。つまり、英語では ' play ' の1語で事足りる(もちろん別の動詞を使ってニュアンスを出すということは起こりますが)のに、日本語では「ピアノを弾きます、笛を吹きます、太鼓を叩きます、.... 」という具合に違う動詞を使わねばならない、ということです。

 「何かを身に付ける」という意味の ' put on ' についても同じことが言えますね、日本語の方がホネです。

 ただ1つ気をつけなければならないのが、 ' the ' を忘れないことです。何故 the が要るのかはわかりません。サイモンは ' the giraffe ' と同じ「種」ということではないか、と言っていますが、私は何とも言えません。
by michikosimon | 2008-11-26 18:54 | イギリスにて | Comments(0)
<< play a joke/tri... play sports/gam... >>