when it comes to こういう言い方が何気なくスっと出て来るといいですね

567

d0086231_18523183.jpgYou're very good at cooking. But when it comes to cleaning, you're hopeless.

when it comes to;
( informal )
1, on the subject of
2, when you are dealing with something

 ' informal ' 又は ' spoken ' な phrase には結構長いものがあります。' it goes without saying ' や ' as far as I'm concerned ' そして以前書いた ' take the mickey out of somebody ' など。

 こういう phrase は受け身に読んだり聞いたりしたものを「英和辞書」なんかを使って理解してもあまり身に付かないものではないでしょうか。google で見付けた英語の理解のお助けサイトみたいなものを読んでいて思ったのですが。そこではこの when it comes to を「〜ということになると」としていましたが、この日本語と元の phrase うまく結びつきますか? そして文によってはこの訳が上手く当てはまらないこともあります。

 英英辞書なら「意味」を捉えるのですから、(それを訳す必要があるとしたら)もっと自由に言葉が選べるのではないでしょうか。

 1の ' on the subject of ' というのは要するに「次に言うことの topic を示す」ということです。一番簡単なこういう意味の日本語は「〜」です。日本語を外国人に教えたことのある方ならおわかりでしょうが、たとえば「冬日が短い」と言う時の「主語」は「日」で、「 topic or subject 」が「冬」なのです。

 ですから上の文にしても、日本語にするとしたら「掃除はね、」、「掃除となると、」、「掃除ときた日には、」、「掃除についていえば、」等々色々な言葉が可能となります。

 そして、もう1歩踏み出してぜひこういう「話し言葉にぴったりな」表現を会話で使ってみて下さい。最初はスラスラ出てこなかったり、よくこなれていないこともあるかもしれませんが、グっとネイティブっぽくなってきます。 
by michikosimon | 2008-12-02 18:57 | イギリスにて | Comments(0)
<< stir up good /bad/poor ... >>