a nuisance とっても annoying なもの,ひと、こと 

582

d0086231_19523738.jpgきょうは以前コメントの返事の中から、ここに詳しく説明した方がよいと思われることについて少し書いてみます。' nuisance ' という言葉です。普段よく聞くものです。

nuisance;
a person, thing or situation that annoys you or causes problems

 最近しつこく書いている「させるーさせられる」の動詞である annoy がまたまた出て来ました。意味は、そう ' to make somebody feel slightly angry and unhappy about something ' でしたね。「させる」ほうです。a nuisance はあなたを「しゃくに障る、とか迷惑な!とかいう気持ちにさせる」。

 昨日の a bore は人でしたが、この nuisance は「物、人,こと」です。人の場合 ' You're a nuisance ! ' などと言う場合もあるでしょうが、' You're a bore.' より積極的に、かなり怒っている感じがします。言われたくないですね。

 コメントでは「質問であなたを煩わせてうるさい人だと思わないで」という意味のことを言いたいということだったので、' Please don't think I am a nuisance ' としてみたのですが、ほかにも言い方はたくさんあり得ます。

Please don't think I bother you too much about my questions.
Please don't think I'm hassling you. (この hassle については後日します)

 ただこういう言い方よりも私だったら

I'm sorry if I've been a nuisance/ I'm sorry to be a nuisance.
I'm sorry if I've annoyed/ bothered/hassled you about my questions.

 としますけれど。イギリス人はいつでも sorry という用意があるなんて言われますから、私もその色に染まってきたのでしょうか?

I hope I'm not a nuisance for you.

 もいいですね。

 右上の写真は a public nuisance の1例だそうです。

What a nuisance ! I've forgotten my ticket.

 「 annoying なこと」の例として上のような言い方はよく聞きます。こんなのは抵抗なく使えますね。
by michikosimon | 2008-12-23 20:41 | イギリスにて | Comments(0)
<< 「面倒くさい」といっても状況次第 bored/boring/a ... >>