黒い鳥ですか、白い魚ですか?

599

d0086231_2057833.jpg 昨日お話ししたクラスでは、実はもう1つ別のヒントを出しました;

 答えは ' a verb + flowers ' ということで、「この動詞を当てて下さい」。本当に基本的な動詞で、the frequency table という「よく使用される英単語の順位リスト」では大変上位にあります。

 ちょっと親切すぎるヒントだったかなあ、と思ったのですが、杞憂でした。それからも皆さんの struggle はしばらく続いたのです。

 理由は簡単でした。リスト(ほとんどの方がこのリストのプリントを持っていました)の上で皆さんの見ている場所がこちらから見えるのですが、皆さん「大変上位」といってもそれほどのことはあるまい、まさか60位以内ということはさすがにないだろう、と思っていらっしゃるのか、かなり下位のほうを見ているんですね。

 そのうち段々上位に上がってきて、begin, put, come, make と来たのですが、それでも8位とまではいかなくて、最後に1人の方が「言うだけは言ってみるけれど」風に ' ha .. ve ' とおっしゃいました。正解!

 英英辞書、それもやさしいものに慣れていらっしゃる方ならもう少し早く気がついたかもしれません。英英辞書とはそもそも「英語の言葉を別の英語で、しかもたいていより基本的な単語で説明する」ものだからです。このレッスンに懲りた方、どうぞ英英辞書をお始め下さい。

 言葉に詰まった時に何とか切り抜けるのがうまくなることでしょう。

 以上は、単に1つの言葉、言い回しがわからないという場合ですが、実際にはもっと複雑なことでしょう。

 なんとか ' How old are you ? ' を言わずに(あまりにもあからさまなので)ある人の年齢が知りたいと思った時にどんなことを考えますか? これは実際にあったことですが、その人が「自分が .... 歳の時こういうことをした」的な話をするのを待っていて、その時すかさず ' How many years ago was it ? ' という質問をしました。その人はなんでもなくそれに答えてしまって、めでたく目的は達せられました。

 そんな風に、言いたいこと、知りたいことを得るのにはただ1つの方法しかない訳ではありません。どこかに書いた話ですが、「この花は貴方が育てた花ですか?」ということを言いたい、その答えが知りたいという時、2つの場合が考えられます。

1、昨日の blog にあるように、なんとかやさしい英語に直してみる
2、それが上手くいかないときは、そう言うのはあきらめて、全く違った視点から知りたいことがわからないか考えてみる。

 1では Did you grow the flowers ?, Are they from your garden ? などが考えられますが、2では例えば Did you buy them ? などというのはどうでしょう? No, a friend of mine gave them to me. という答えが返って来るかもしれませんが、「この花は貴方が育てた花ではない」ということはわかります。

 右上の絵で言えば、「黒い鳥ですか、白い魚ですか?」のどちらの質問でも用は足りるといったようなものでしょうか? ここでも flexible な考え方は役に立ちます。
by michikosimon | 2009-01-23 21:37 | イギリスにて | Comments(0)
<< Help yourself 「... 花は何時咲くんですか? 今ある... >>