Help yourself 「自らを助けよ」とはちょっと違う

600

d0086231_2151417.jpg 早いものです。もう 600 回目になりました。ご声援ありがとうございます。いただいたコメントの1つ1つに御礼申し上げます。

 さて、きょうの言葉の ' Help yourself ' ですが、最初にこれを聞いた時私は字義通りに直訳して誤解していました。「天は自ら助くるものを助く」という saying がありますが、これはそこにあるような「御自分でおやりなさい」ではないのです。

help yourself ( to something );
to take something that you want, such as food, without asking permission

 つまり、「食べ物など、欲しいものをいちいち許可を得ることなく取る」という意味です。これはよく ' please ' をつけて命令形で使われます。' Please help yourself. ' は「どうぞ、ご自由にお好きなものをお取り下さい」となります。

 どうしてこういうことが言われるのかというと、イギリスでは普通大人が自分の家以外でこういうこと( ' May I ..... ? ' とか ' Can I ..... ? ' とか言わずに勝手にふるまう)をすることはめったにないからです。多分日本でも同じだと思いますが、これがどこでもそうかというと、そうでもないようです。世の中いろいろですね。

 私が誤解したのは少しまぎらわしい situation だったせいかもしれないのですが、ともかくもこの言葉が「どうぞご勝手に」というよりはむしろ「どうぞご自由に」という親切心から出たものであることをよくわかっていなかったことは残念だったと思います。

Please help yourself to more. There's plenty of everything.
どうぞご自由におかわりしてください。どれもたっぷりあります。
by michikosimon | 2009-01-26 22:43 | イギリスにて | Comments(0)
<< suit yourself 黒い鳥ですか、白い魚ですか? >>