sorry to bother you 

602

d0086231_21413519.jpgI'm sorry to bother you, but I'd like to say「今日アクセス数が 30,000 を超えました。本当に皆様ありがとうございました」.

sorry to bother you;
( spoken ) used as a very polite way of telling someone you want their attention

 意味も function も ' Excuse me ' と同じですが、グっと丁寧な感じになります。「すみませんが」と「お手間を取らせて申し訳ないのですが」といった違いですね。

 冒頭の文は「このブログを読もうとアクセスして下さった方へ、今日の言葉をお読みになる前にこちらの個人的なことを申し上げて申し訳ないのですが .... 」と御解釈下さい。

 ' bother ' という言葉についてはたしか I'm not bothered や I can't be bothered などについて 2006 年の 11 月頃、そして 2 - 3 週間前に書きました。そちらも合わせてどうぞご覧下さい。

 さて、今日の ' sorry to bother you ' に使われている bother の意味は;

bother;
to annoy someone by interrupting them when they are trying to do something

 ' bother /'bɒðə/ '

 発音は上にあるように「ボザ」です。アメリカ英語はともかく、イギリス英語では日本語の「オ」よりもずっと喉の奥から出す、サイモンに言わせれば貴族的なきっぱりした音です。

 右上の写真の情景は;

Cameraman " I'm sorry to bother you. "
Cat " Cameras don't bother me a bit. "

 だそうです。
by michikosimon | 2009-01-28 22:14 | イギリスにて | Comments(0)
<< a bit more イギリス... suit yourself >>