good honest bread and insincere praise

616

d0086231_1951410.jpg 人の性格の叙述以外の honest と sincere の意味ですが、まず honest は ' work ' に関して使われます;

honest;
(about work) honest work is done without cheating, using your own efforts

 ' without cheating ' つまり「ごまかしをしないで」、自分でちゃんとした work ですね。

 ' work ' をただ「仕事」と訳してしまうと「仕事の結果生み出したもの」という意味が除外されそうなのでこのままにします。

 例としては ' an honest day's work ' などというのもありますが、よく ' good ' と一緒に ' good honest bread ' なんて言うのを聞くことがありますし、私も使います。きちんと本物のバターや卵などを使い、香料、添加物などでそれらしくしたものではない、というような意味でしょう。ずっと以前 ' crab sandwiches ' について描いたことがありますが、もしかしたらそれも good honest sandwiches だったのかもしれません。本当に crab meat しか入っていないものでしたから。

 さて ' sincere ' のほうですが、こちらは下の定義のように ' feeling, belief, statement ' などについて使われます;

sincere;
a feeling, belief, statement etc that is sincere is honest and true, and based on what you really feel and believe

 例としては sincere admiration, sincere desire などがあります。日本語に訳してさまになるかわからないのですが、「心からあがめること、心から希求すること」といった意味でしょう。

 時には逆から考えると理解しやすいこともあります。 sincere の否定は ' insincere ' ですが、' insincere praise ' という言葉の意味を考えてみます。

 ' insincere praise ' とは ' praise which is not honest and true, and not based on what you really feel and believe ' という意味と考えられます。念のために insincere を引くと;

insincere;
pretending to be pleased, sympathetic etc, especially by saying nice things, but not really meaning what you say

 とより具体的です。

 ' insincere praise ' とは「心にもないお世辞」みたいなもので、口ではさかんに美しい言葉で褒めたたえて「感動した」なんて言っているのですが、その実全然感動していないんですね。お芝居をしているのです。

 このように sincere とは逆の insincere ( praise ) の意味から、なんとなく抽象的でぼんやりした sincere の意味がくっきりと浮かび上がってきたりすることもあります。
by michikosimon | 2009-02-17 20:50 | イギリスにて | Comments(0)
<< (a) sort of これま... honest/sincere 違い >>