Expedition, a sort of boat ?

618

d0086231_11465511.jpg 昨日の ' a sort of fish ' の例に使われている ' sort of ' について紹介します。

a sort of;
(especially British English) used when describing someone or something in a not very exact way

 「誰か又は何かをこうこうであると言い/書き表わす時に使われるが、非常に正確にそうするのではない」

 つまり「だいたいこんなもの」という風な、あいまいなしかたでです。 ' a sort of fish ' で、「はっきりした魚」というよりは「魚のようなもの、まあ1種の魚」と言うようなことです。「魚」と言い切れないとかそうは言いたくないとか、そんな場合に便利な言い方です。

 この ' a sort of ' の忘れ難い例として、Winnie-The-Pooh のなかの1節を挙げたいと思います。この1節はある時イギリスのラジオ番組でも取り上げられていました(発達心理学というまったく違う観点からでしたが)。この ' Expedition to the North Pole ' は、多分とてもよく知られた場面なのでしょう。

 ある朝 Pooh が Christopher Robin の家に行くと彼は玄関前で長靴を履いているところでした。

As soon as he saw the Big Boots, Pooh knew that an Adventure was going to happen, .....

 そして、Christopher Robin は厳かに言います、
 
" We are all going on an Expedition, " said Christopher Robin, ........

 Pooh は森のみんなを集めるメッセンジャーの役目を仰せつかり、まず Rabbit の所へ生きます、

" Hallo, rabbit," he said," Is that you?"
" Let's pretend it isn't," said Rabbit, " and see what happens."
" i've got a message for you."
" I'll give it to him."
" We're all going on an Expotition with Christopher Robin!"
" What is it when we're on it?"
" A sort of boat, I think," said Pooh.
" Oh that sort." ..........

 おかしいですね。' We're all going on ' なので、' a sort of boat ' ですか。Pooh らしいです。もう1カ所 ' Let's pretend it isn't ' というところもいかにも Rabbit らしさがあらわれています。

 日本語訳と解説を付けても良いのですが、来週にしたいと思います。まずこの、やさしい英語で書かれていながら意味の深いというか、ある意味哲学的ともいえるこの物語を、そのままあじわうことに挑戦なさってみてください。
by michikosimon | 2009-02-20 12:31 | イギリスにて | Comments(0)
<< Oh that sort ! ... (a) sort of これま... >>