Rabbit looks important 重要人物(?)っぽい

621

d0086231_16415480.jpg ' sort of ' の辞書の定義は下記のようになります。

sort of;
(especially British English) used when you are not sure you are using the best word to describe something
 (たとえば「何々はこうこうである」などと言いたいとして、「こうこう」というのが最も適切な言葉かどうか確信が持てない時に使われる表現)

 はっきり「〜である」などと言い切れないと思うときに使う言葉です。ちょっと日本語に訳しにくく、場合によって色々な訳になり得ます。ここは Winnie-The-Pooh の1節からこれを学んで下さい。

As soon as he had finished his lunch Christopher Robin whispered to Rabbit, and Rabbit said ' Yes, yes, of course,' and they walked a little way up the stream together.
 Christopher Robin はお昼を食べてしまうと Rabbit に耳打ちしました。Rabbit は「はいはい、いいですよ」と言って、2人は一緒に小川の上流の方へ少し歩いて行きました。

' I didn't want the others hear,' said Christopher Robin.
 「他の人達(動物達?)に聞かれたくなかったんだ」と Christopher Robin 。

' Quite so,' said Rabbit, looking important.
 「もっともですな」と Rabbit、Christopher Robin にとって重大事を相談すべき頼りがいのある先輩といった風です。

' It's - I wondered - It's only - Rabbit, I suppose you don't know. What does the North Pole look like? .......
 「実は,どうかなと思ったんだけど、ただちょっと、Rabbit、君は知らないだろうねえ。the North Pole って一体どんなものなんだろう?」

' Well,' said Rabbit, stroking his whiskers, 'Now you're asking me.'
 「ああ」と Rabbit はヒゲをしごきながら「今君はボクにそれを尋ねているんだね」。

' I did know once, only I've sort of forgotten,' said Christopher Robin carelessly.
 「(知らないわけじゃなくて)それが何だかわかってはいたんだけど、なんというかその、ど忘れしちゃったんだ」と Christopher Robin は思いきってい言ってしまいました。

' It's a funny thing,' said Rabbit, ' but I've sort of forgotten too, although I did know once.'
 「これは面妖な」と Rabbit、「けどボクもねえ、そのど忘れというのをしたんだ。確かに the North Pole がどんなものだか知っていたんだけれどね。」

 解説

 Rabbit の「そのど忘れというの」という訳は Christopher Robin の言うところのといった意味です。2回目の ' sort of forgotten ' なのでそうしてみました。Rabbit にしてみれば Christopher Robin さまさまでしょうね。' I don't know ' という絶対言いたくない言葉をうまく言わないですむ方法の手本を示してくれたのですから。

 前にも書いたかもしれませんが、この1節をわたしは涙が出る程好きです。登場人物(動物)が皆いとしくて胸がキュンとなってしまいます。

 何回もしつこいようですが、特にこの Rabbit と Christopher Robin の2者のオリジナルのイラストは、Disney のに比べると、格段に味があります。
by michikosimon | 2009-02-25 18:07 | イギリスにて | Comments(0)
<< the north Pole,... sort of forgott... >>