crop, ' to crop up ' のほうを聞くことが多いかも

639

d0086231_1254313.jpg さて、まだ食べ物についてのお約束した言葉が少し残っているので、今週は ' crop ' と ' grain ' をします。

crop;
a plant such as wheat, rice or fruit that is grown by farmers, especially in order to be eaten
(例)The main crop in China is rice.
(例)Most of the land is used for growing crops.

 「食用」の「農産物」ですね。この定義には穀類、果物しかでていないので、サイモンに vegetables 「野菜」は crop に含まれ得るのか聞いたところ、yes の答えが返ってきました。

 まあ、' crop ' という言葉、これ自体知らないより知っていた方が良いけれど .... (そんなに使われる言葉かしら?)とお思いの方もいらっしゃることと思いますが、その通りです。

 でも、この言葉の動詞形の phrasal verb である ' to crop up ' は知っておく価値の高い言葉です。意味のつながりからの類推を助けてくれるので、名詞 ' crop ' の意味を知っておくことは無駄ではありません。

crop up;
1, if something, especially a problem, crops up, it happens or appears suddenly and unexpectedly
(例)Please let me know if anything crops up while I'm away.

 ' occur ' なんていう言葉でも代用できるのですが、formal な感じになってしまうため、こちらのほうが断然よく用いられます。

 この言葉についての思い出は、サイモンの友人とオランダ人の girlfriend との会話です。彼女が彼の言った ' cropped up ' の意味を尋ねたのに、彼が「ちょっとあやふやな」答えをしました。彼女はわかったという風にそれ以上は聞きませんでしたが、実際はどうだったのでしょうか。

 どの言語でもそうでしょうが、「説明しにくい」言葉があるようです。この ' crop up ' とか ' bog ' とか、あまりにもあたりまえで、「説明を求められることが想像しにくい」言葉です。日本語ではどんなものでしょうか? 
by michikosimon | 2009-04-14 12:59 | イギリスにて | Comments(0)
<< grain courage/couple/... >>