grain

640

d0086231_22332964.jpg ' grain ' という言葉を初めて知ったのは確か、' long grain/short grain ' というお米の種類をスーパーで見た時だったでしょうか。もしくは英語学校のクラスで日本料理の話の時だったかもしれません。

 日本でふつうに食べるお米は short grain rice でイギリスでは普通ではありません。ふつうには long grain rice を(たいていの場合洗いもしないで)たっぷりの湯で茹でて、ザルにとり水洗いまでしておねばをすっかり取ってしまいます。パラパラでなんとも味気ない。

 Chinese などの take away も long grain rice だったような気がします。

 私は自炊の時はイタリア産の short grain rice を日本風に炊いて食べていました。

grain;
the seeds of crops such as corn, wheat or rice that are gathered for use as food or these crops themselves

 右の写真では豆のように見えるものもありますが、豆ならば beans で別物です。

 イギリスでは日本と違って穀類を粒のまま食べることをあまりしませんが、grain の入ったパンはよく見かけます。砕いた大麦のようなものが混ざっています。seeds 入りのパンも多く、3 seed loaf などはとても人気がありました。poppy seeds が入っていることは覚えているのですが、あとは何だったのでしょうか?

 日本では雑穀が健康的とのことでよく売られていますが、スコットランドの community でも millet や couscous (もしかしたら同じもの?) などの major でない grain が時々出て来ました。バターやチーズなどで料理してあるので食べ易くおいしかったです。
by michikosimon | 2009-04-17 23:05 | イギリスにて | Comments(0)
<< garage /ˈɡærɑːʒ... crop, ' to... >>