カテゴリ:英語( 47 )

Boxing Day

d0086231_21322138.gif119

 12月26日はイギリスでは Boxing Day と呼ばれる bank holiday (国民の休日)です。クリスマスの gifts (プレゼント)はこの日に正式に(?)もらえて開けてみることができます。

 Christmas Day には公共交通機関はどこも止まっていますが、この Boxing Day には coach (長距離バス)はいくらかやっていて空港行きのものなどは動いています。私も1度どうしてもこの日でないといけないことがあって仕方なくコーチに乗ったことがあります。すると乗車時に1人10ポンドだかを運転手に渡すよう言われました。Boxing Day に働いてくれることへの謝礼で、そういう習慣なのだそうです。文句を言った人は誰もいませんでした。同じ話を別の人から聞いたこともあります。今はどうだかわかりませんが、Boxing Day ならではの風習だなと思いました。

 普通のイギリス人はこういうことを知っているのでしょうか? サイモンなどは車で移動する人でしたから、「フーン、でもどのバス会社でもそうとは限らないのではないかな」と言っていました。普通のイギリス人は Boxing Day にコーチで空港には行かないでしょうね。

 Boxing Day のもう1つの思い出は前の日の roast turkey の残りもの料理です。Raphael House での Christmas Day の supper はたいてい turkey risotto でした。私自身これを2回作ったことがあります。Boxing Day の lunch は turkey sandwiches, supper には turkey soup になることもあります。これ以上続くことはありませんでしたが。

 さて、日本では Christmas tree はいつまでも飾っているのでしょうか? イギリスでは1月6日まで12日間そのままにしておきます。毎日枯れ落ちる針葉を掃きながら。

d0086231_22171147.gif ' The Twelve Days of Christmas ' というよく知られた Christmas song があります。ご存知のかたも多いと思います。 歌詞を知りたい方ここをクリックして下さい。12の gifts のそれぞれに宗教的な意味があるとか言いますが、それは別として、私は言葉を1つずつ積み上げながら繰り返していくという仕方が語学の習得に非常に良いと思いました(教師根性ですね)。この歌の歌詞そのままで出来る方はよいのですが、そうでない方、特に初心者の方向けに、グっと簡単にしたものを紹介します。赤字のところは私の作った例です。皆さんはアドリブで決めて下さい。' fridge ' とか ' cupboard ' とか憶えにくいものを初めの方に選ぶのが賢いですね。

My sweetheart/husband/wife sent to me an apple.
My sweetheart/husband/wife sent to me an apple and 2 balls.
My sweetheart/husband/wife sent to me an apple, 2 balls and 3 cups.
       .
       .
       .
My sweetheart/husband/wife sent to me an apple, 2 balls, 3 cups, 4 dogs, 5 eggs. 6 fans, 7 grapes. 8 hamburgers, 9 ideas, 10 jugs, 11 kites and 12 lemons.

 歌にしなくても構いません。' My ....... ' のところは誰でもよいから1番好きな人にしたらよいと思います。その後の1から12個のものは、数えられるものでもらいたくないものでないなら何でもいいです。' sent (送ってくれた)'ですから、店で売っている物には限りません。本歌のように ' drummer ' でも ' singer ' でも ' dancer ' でもよいのです。アルファベット順にしたのは思い出し易いからで、それがむずかしかったらどうでも構いません。とにかく1ど言った言葉は繰り返されます。

 これは1人でしてもよいし、3−4人ですればもっと面白いと思います。語彙を増やして発音をたたきこむことができます。どうぞお試し下さい。
by MichikoSimon | 2006-12-26 23:17 | 英語 | Comments(2)

Christmas Dinner

d0086231_10141789.gif 118

 右写真は2003年の課外授業 Cook-inEnglish の2カ国語メニューで、下部に清水イングリッシュスクールの有志の方々と一緒に作って会食した Christmas Dinner のメニューがあります。張り切りすぎた感もあって、とても大変でしたが、本当に心に残る楽しい1日となりました。以下にその recipe を挙げます。昨日の mince pies に続いて長くて難しいかもしれませんが、ファイトのある方どうぞ。今年にはもう遅いですが、来年作ってみてください。御質問はいつでもお受けします。こんな長い難しい英文はとても! という方は写真だけでもご覧下さい。

 イギリスでのクリスマスはホームステイをしていた最初の2年はエジプトやスコットランドなどでの旅行で味わえず、その後は自活したため、家庭でのクリスマスというものはよく知りません。ただ「クリスマスを1人で過ごしてはいけない」という観念があるらしく、いろいろな団体のパーティーに呼ばれたり、パーティーの準備を手伝って主催者の側に回ったりしてクリスマスを大勢で過ごすことが多かったです。1990年以降は Bristol の Raphael House というケアホームに勤めていたので、旅行に行かない時にはいつもそこの手伝いをしたり、客として招かれたりしました。

 なお Christmas Dinner は必ず lunchtime です。夜にすることはありません。

 ケアホームのクリスマスといっても、その前に勤めていた Scotland の Garvald のような6−70人の大所帯とは違って、15人位の本当に和気あいあいとした家庭的なものでした。なつかしいです。


2003年12月 クリスマスディナーレシピ

Prawn Cocktail ( one of the Raphael House traditional Christmas dishes )

some fresh prawns
d0086231_11513086.jpgsome thousand islands dressing
some salad leaves
some lemon juice
salt and pepper

1 Peel the prawns and wash and dry with paper towels. Sprinkle the lemon juice on and season.

2 Wash and drain well the salad leaves and tear to manageable pieces if necessary.
3 Line the serving cocktail glasses with the leaves.

4 Wipe the prawns again and dress with the thousand islands dressing.
5 Put over the leaves in the serving glasses.




Roast Turkey with Bacon Rolls ( for 8 - 10 people )

5 - 7 kg turkey, thoroughly defrosted if frozen
d0086231_10135570.jpg1 quantity of stuffing
125 gms butter
8 rashers streaky bacon

1 Remove the turkey giblets and use them for making the gravy..
2 Wipe the bird with paper towels and stuff the neck cavity of the bird loosely with the chozen stuffing. Do not pack it in too tightly, as it expands during cooking. Secure with string or skewers.

3 Place the turkey in a large roasting tin. Rub the butter all over it and cover loosely with foil. Roast in a pre-heated oven at 220 C for 40 minutes, then reduce the oven temperature to 180 C and roast for a further 2.5 - 3 hours.

Bacon Rolls

d0086231_1212392.jpg4 Stretch the rashers with the back of a knife and cut in half. Roll up tightly.

5 Remove the turkey from the oven and discard the foil. Base well. Tuck the bacon rolls around the bird and roast for further 20 - 30 minutes, until the turkey is well-browned. Test if the turkey is thoroughly cooked by piercing the thickest part of the flesh with a skewer. The juice should run clear without any trace of pink. Cook for longer if necessary.

6 Remove the turkey from the oven and allow it to rest for 15 - 20 minutes before caeving. Serve with the bacon rolls.



Sage and Onion Stuffing

d0086231_11533079.jpg60 gms butter
2 large onions, chopped roughly
175gms wholemeal breadcrumbs
1 tablespoon crumbled dried sage leaves
1 taespoon dried thyme
1 egg, beaten
salt and pepper

1 Melt the butter in a saucepan and fry the onions gently for about 5 -8 minutes until softened.
2 Add the breadcrumbs, crumbled sage leaves and thyme. Season well with salt and pepper and mix in the beaten egg.

Turkey Gravy

d0086231_11563962.jpgturkey giblets, rinsed thoroughly
600 ml vegetable stock
2 -3 teaspoons cornflour, blended with a little cold water
salt and pepper

1 Put the turkey giblets into a roasting tin and roast in a pre-heated oven at 220 C for about 30 minutes until well- browned. Remove from the oven.

2 Remove and discard the giblets. Add the vegetable stock to the roasting tin and cook on the hob, boiling steadily to produce a rich brown colour.

3 Add the blended cornflour to the gravy and cook, stirring constantly, until blended and thickened. Season to taste.


Roast Root Vegetables

d0086231_11575515.jpg900 gms medium-sized floury potatoes, peeled and halved
3 parsnips, peeled and quartered
3 large carrots, peeled and quartered lengthwise
6 tablespoons vegetable oil
2 tablespoons plain flour
Salt and freshly ground black pepper
2 tablespoons chopped parsley

1 Put the potatoes, parsnips and carrots in a large saucepan and cover with water. Bring to boil and cook for 10 minutes. Drain and let stand in the strainer for 5 minutes then return the vegetables to the saucepan.

2 Pre-heat oven to 220 C. Place a lid over the saucepan then shake the contents vigorously for a few seconds to loosen the texture of the vegetables. This will help to make them crisp. Carefully toss in 2 tablespoons of the oil and the flour and seaso well with salt and plenty of ground black pepper.

3 Spoon the remaining oil into a shallow baking pan and add the vegetables, tossing them in the oil to coat them evenly.

4 Bake the vegetables in the preheated oven for about 20 minutes until they are golden and crisp. Drain off any oil and serve sprinkled with chopped parsley.


Old English Trifle

d0086231_11585566.jpg6 trifle sponge
3 tablespoons raspberry jam
150 ml sweet sherry
125 gms seedless white grapes
125 gms black grapes, halved and deseeded
2 peaches, peeled, stoned and chopped
2 bananas
2 tablespoons lemon juice
45 gms cornflour
600 ml milk
1 teaspoon vanilla flavouring
3 egg yolks
45 gms sugar
300 ml double cream

To Decorate
glace cherries
angelica
toasted flaked almonds

1 Split the trifle sponges in 2 and spread with the jam. Arrange in the base of an attractive 2 litre serving dish.

2 Sprinkle the sherry over the trifle sponges and spoon in the grapes and peaches. Slice the bananas and mix with the lemon juice. Add to the trifle.

3 Blend the cornflour in a large jug with 4 tablespoons of the milk. Heat the remaining milk with the vanilla flavouring until warm and then pour on to the blended cornflour, whisking well. Beat the egg yolks and whisk them into the mixture. Return to the saucepan and heat gently until the mixture is thickened and blended. Remove from the heat and add the sugar. Pour over the fruit and leave to cool completely.

4 Whip the cream until it holds its shape. Spread over the custard. Decorate with glace cherries, angelica and toasted almonds. Chill until ready to serve.

 レシピの写真は、実際私たちの作った料理の写真が残っていないため、イメージとしてのものです。
by Michikosimon | 2006-12-25 11:12 | 英語 | Comments(0)

mince pies

d0086231_11531962.jpg117

 今日の話題に入る前に、昨日の3つの英語の言葉の使い分ける短文を紹介します。実際に使える事態を見たり聞いたり読んだりする度に心の中で言ってみて下さい

It's a miracle.
It's magic.


 これらは同じ状況で使えます。何か期待していなかった良いことが起こった時、そのような幸運が起こったということが信じられない、といったような状況です。たとえば、今あるクラスで読んでいる animal therapy の話、何年もの間現実から引きこもった老婦人が犬との接触でアっと言う間にコミュニケーションを始めた、とか、もっと身近なクリスマスやお正月に起こった良いことでも結構です。 TV、新聞などでも目にするかもしれません。その度に言ってみて下さい。気をつけることは ' miracle ' は countable で ' a ' が要りますが、' magic ' はつけてはいけません

It's a ( dirty) trick.

 こちらはもっとたやすく使うべき状況が見つかるでしょう。国内的にも国際的にもこの種の「上に立つ人のウソ」は世の中に満ちあふれています。私など毎朝新聞を読む度にこの言葉を繰り返さざるを得ない状況です。最近とてもわかり易い実例が暴かれましたね。TMです。It's an absolutely dirty, rotten and mean trick. ですね。

 もちろん「上に立つ人」のトリックだけでなく、誰によるのでも It's a ( dirty) trick. と言えます。

 ' trick ' は countable です。' a ' を忘れないようにしましょう


Mince Pies

 長くて大変かもしれませんが、頑張って読んでみて下さい。これは前に紹介した Christmas Pudding よりは食べ易くずっと popular です。季節になるとどこのスーパーや news agents 多分空港の免税店でも山のように積まれていると思います。イギリスにいると「自分で作る」気にはなかなかなれないものです。

 まず mincemeat を作ります。' mincemeat ' は挽肉を意味する ' minced meat ' とは全く違います.詳しくは下のリンクをクリックしてみて下さい。

 mincemeat はすくなくとも一晩は置いておきたいものなので、まずこれをつくります。

Rum & Raisin Mincemeat ( 1.5 kgs )
500 gms raisins
250 gms sultanas
250 gms currants
125 gms glace cherries, halved
150 ml dark rum, brandy or sherry
2 medium apples, peeled, cored and chopped finely
2 teaspoons mixed spice
0.5 teaspoon freshly ground nutmeg
125 gms chopped roasted hazelnuts
250 gms dark muscovado sugar
4 tablespoons hot water
60 gms butter

1 Put the raisins, sultanas, currants, glace cherries and rum into a large bowl. Mix together thoroughly then cover and leave in a cool place, stirring occasionally, for 12 -24 hours.

2 Blanch the chopped apples in boiling water for 2 minutes and then drain thoroughly.

3 Add the chopped apples to the soaked dried fruit mixture with the mixed spice, nutmeg and hazelnuts. Stir thoroughly.

4 Put the dark muscovado sugar, hot water and butter into a saucepan. Heat very gently, stirring frequently, until the sugar has melted. Add to the fruit mixture and stir well to combine.

5 Pack into sterilized jars, seal and label. Decorate the lids with scraps of colourful fabric, butter muslin or greaseproof paper and tie with string.

Sterilizing Jars
To sterilize jars, wash them thoroughly in hot, soapy water, rinse well with hot water and place on a baking sheet. Warm in a preheated oven at 110 C for 10 - 15 minutes.


Mince Pies ( about 20 )

350 gms plain flour
pinch f salt
175 gms butter, chilled
45 gms castor sugar
3 egg yolks, beaten
1 - 2 tablespoons chilled water
500 gms Rum & Raisin Mincemeat
lightly beaten egg white
icing sugar for dredging

1 Sift the flour and salt into a large bowl. Cut the butter into pieces and then add to the flour. Rub in the butter using your fingertips, until the mixture resembles fine breadcrumbs.

2 Add the castor sugar to the flour mixture. Mix the egg yolks with 1 tbsp of the chilled water. Make a well in the centre of the flour mixture and add the egg yolks, stirring with a round-bladed knife to make a soft dough. Add a little extra chilled water if the dough is too dry.

3 Knead the dough lightly until smooth and then roll out two-thirds of it thinly on a lightly floured surface. Using a 7.5 cm biscuit cutter, stamp out rounds and use to line patty tins.

4 Spoon the mincemeat into the patty tins to come about half-way up the sides. Roll out the remaining pastry and use Christmas biscuit cutters to cut out shapes such as stars, bells and trees. Position on top of the mince pies and brush with lightly beaten egg white.

5 Bake in a preheated oven at 220 C for 15 - 20 minutes. or until light golden brown. Leave to cool slightly and remove from the tins. Transfer to a wire rack and leave to cool until they are not too hot to handle comfortably. Serve while still warm, sprinkled with icing sugar.

 2003年のクリスマスに私達の教室の有志の方と実際にこれを作りました。右上の写真はその時の作品をサイモンが撮ったものです。
by MichikoSimon | 2006-12-24 13:01 | 英語

Christmas Pudding

97

 サイモンからの提案で、クリスマスも近いので Christmas Pudding を紹介いたします。

 Have you ever had it? (食べたことがありますか?)

 イギリスにはこの Christmas Pudding の他に Christmas cake というものもあります(これは見かけは似ていますが)。両方とも日本の方が思い描くクリスマスケーキとは大分ちがいます。私は最初はおいしいとも感じませんでした。ingredients を見てもそう思いませんか? この recipe は 150 cc 位の小さい pudding を8つ作るものです。1.2 litre の型1つ又は 600 cc のもの2つでも OK です。

 Makes 8

d0086231_1122049.jpg125 g/4 oz dark muscovado or molasses sugar
250g/8 oz seedless rasins
250g/8 oz currants
125g/4 oz fresh wholemeal breadcrumbs
125g/4 oz carrots, finely grated
60g/2 oz ground almonds
grated rind of 1/2 lemon
2 tbsp lemon juice
1/2 tsp ground cinnamon
1/2 tsp ground nutmeg
1/2 tsp mixed spice
4 tbsp sherry
150 ml/1/4 pint stout
2 eggs
1 tbsp butter

 砂糖はなるべく色の濃いもの,黒砂糖なら完璧です。molasses というのは糖蜜のことです。 currants は小さな raisins に見えるものですが、別物の black currants という名の fruit です( berry というべきか)。cassis と呼ばれるものと同じでしょうか? パン粉は全粒粉のものが望ましいのですが、普通の白パンを荒くおろした物でも構いません。にんじんは紅玉リンゴでも可。' stout ' は黒ビールの1種で、なければ、オレンジ1個分のしぼり汁に rum, brandy or sherry を足して同量にしたものに替えて下さい。

1、Put the sugar, raisins, currants, breadcrumbs, carrots, almonds, lemon rind and juice, spices, sherry and stout into a large bowl. Mix thoroughly, then cover and leave in a cool place for 6-8 hours, or overnight, if preferred.

 ドライフルーツだけをもっと長時間(2週間位まで)漬込んでも結構です。そのあと他の材料を足してさらに浸けます。

2、Beat the eggs and add to the mixture, stirring well to combine.

3、Butter 8 150 ml/1/4 pint dariole moulds, small pudding basins or teacups. Spoon in the pudding mixture, top each one with a circle of greaseproof paper and then cover tightly with foil.

4、Steam over simmering water for 3 hours, topping up with boiling water as necessary. Remove from the heat and leave to cool.

5、When completely cool, turn out the puddings and wrap tightly in greaseproof paper or foil. Wrap in butter muslin and tie with string.

 これは冷暗所で1ヶ月位保ちます。よく1年保つとか言いますが、家庭で添加物なしで作った場合はあまり長くは置かない方がよいと思います。よく洗ったお金をいれるのは多分当日蒸す前だと思うのですが。でないと不衛生ですよね。このお金が自分の分の Christmas Pudding から出て来た人は次の年幸せになるとか言います。

6、Steam the puddings for 11/2-2 hours on Chrismas Day. Serve with Brandy Butter.

 Rum or Brandy Butter

90 g/3 oz light soft brown sugar
90 g/3 oz butter
3 tbsp rum or brandy

1, Beat the sugar and butter together until light and creamy, and then add the rum or brandy, beating well to mix.

2, Transfer to a dish, cover and chill until required. Keep for up to 3 weeks.
by MichikoSimon | 2006-12-04 22:01 | 英語 | Comments(2)

「宿題」答え合わせ( have a room/ticket )

94

 11月26日にお約束した以前の「宿題」の答えの添削にはいります。England-Ireland と同様こちらも1度ではお答えしきれません。5−6回以上になると思います。

 1、have a room/ticket

d0086231_2350517.jpg まず ' have a room ' の意味ですが、ここでは ' Could you/I ..? ' の練習ということで、「旅行」、「留学」、「海外での仕事」を想定しています。そういう線でこの表現を考えてみましょう。これには2種類の可能性があります。
 
 1つは、辞書にのっているのですが、' have goods/rooms available ' の意味です。つまり、今すぐ売ったり、泊まり客に提供したりできる品物や部屋があるという意味です。
 
 2つ目は ' can/could/may I have ' と熟語で使われ、「(礼儀正しく)何かをくださいませんか」という意味です。もちろん room の場合は買い取るわけではなく、そこに泊まるだけですが。この言い方は「アパートや部屋を住むために借りる」時には使いません。

 2つ目の意味で ' Could I ..? ' が使えますね。
 ' Could I have a room, please? ' で「私が泊まるお部屋があったらお願いしたいのですが。」というような意味です。日本語としてはなっていないのですが、「部屋があるかどうか」 + 「泊まりたい」をあわせたような意味で、電話での予約にはこれだけで足ります。向こうが ' Yes ' といったら予約成立です。

 ' Could you have a room. please? ' はちょっと普通の場合は考えにくいです。' you ' が誰であるかも問題になります。ホテル側の人間だったら ' Do you have a room? ' (お部屋はありますか?)が普通考えるセリフでしょう。

 勿論上のような「初級英語でまず習うべきこと」という観念を離れれば、もっといろいろな場面が考えられるかもしれません。たとえば、' Could I have a room, please? ' で「(新しい家に引っ越す家族の中で1人がこう言って部屋を誰かと共有するのをいやがる)1部屋もらえないかしら」とか、' Could you have a room. please? ' で、「(ある人が最上階全部を占領したいと言っているのに反対して)1部屋でガマンしてくれないか」とか。でもこれはもっとレベルが上がるまであまり必要はないと思います。

d0086231_23512186.jpg 次に ' have a ticket ' の意味ですが、この場合 have は ' buy ' を意味します。よく ' I'll have the card, please. ' とか ' We'll have a pot of tea, please. ' とかの形でも使われます。

 ' Could I have a ticket, please? ' で、「切符を1枚いただきたい(買いたい)のですが。」という意味になります。お答えのように「券を受け取ってもいいですか」となる場合はどうでしょうか? こういう場合はあるかもしれません、ある人が人数分の券をまとめて買った時「自分で持っていたいので私の分の1枚をくださいませんか」と言う、とか。

 ' Could you have a ticket, please? ' はちょっと考えにくいです。銀行などに2人で行って、連れの人に「私は通帳記入の列に並ぶからあなたは現金支払い窓口順番の札を取ってきて下さらない?」という場面はどうでしょうかねえ。この場合は普通は ' Could you get a ticket, please? ' となりますが、まあこう言う人もいないとはいえないでしょう。半丸ですね。
by MichikoSimon | 2006-12-02 01:34 | 英語 | Comments(1)

gerrymandering

d0086231_1336386.jpg93

 昨日の言を撤回してもう1度だけ England-Ireland の関わりについてお話しします。今日のキーワードは ' gerrymandering /'dʒerimændərIŋ/ (ジェリマンダリング) ' です。変な言葉ですが、これは Gerry 某という人名と ' salamander ' という生き物との合成語で、右の図のように選挙区域分けを細工して自分の党派に有利なようにするという意味の政治用語です。Gerry 某がこれをし、選挙区域図が ' salamander ' のように奇怪な形になった、というのがこの語の由来です。

 Sinn Fein や IRA という組織(これも暫定派とか真の IRA とかあってわかりにくいのですが)の活動にもかかわらず、Northern Ireland が今もイギリスに属することを変えない状況の根の部分にある、Ireland への見えない謀略ともいえるものです。IRA の結成は Ireland が自治領になってからですが、その土壌は清教徒革命以後のクロムウェルのアイルランド侵略、カトリック弾圧などで充分に用意されていたといえるでしょう。

 昨日紹介した映画の ' Ryan's Daughter ' の中の、嵐の海からの武器の引き上げを指揮していたのが、 IRA ではないでしょうか。

 この ' gerrymandering ' という言葉の思い出とは; 実は、10年程前私もサイモンにメッセージを下さった方と同じ質問をしました。その時の彼の説明がこのキーワードによるものでした。Northern Ireland の議会を代表する意見が、人口比に関わりなくイギリス寄りで来たのですね。

 覇権国の多くのやり方が、侵略される国を分断して、支配する側と支配される側に分け、同じ国民同士を戦わせて甘い汁だけ搾り取るというものです。南アメリカもそうでした(これについては100頁位の、中級英語程度の方にも読める informative な本があります)。中東もそうですし、Ireland も同じです。

 そこの住民にとってはこんな迷惑なことはないので、ともすると元凶のイギリスよりもイギリス側についているようにみえる自国の人のほうを憎むということが起こります。Angela's Ashes の作者の父親は、北部アイルランドなまりが災いして、住んでいるアイルランド共和国内で仕事が得られませんでした。

 ' Ryan's Daughter ' では、武器の引き上げを指揮していた IRA を密告した疑いで主人公が村人のリンチを受けます。同様に、ある有名な写真家の写真の1枚に、戦争直後のフランスのある村の写真があります。村中の人が見ている中、頭をトラ狩りにされた若い女の人が、村を出て行く、後からはその父親らしいやせた男の人がちっぽけな包みを持って続く、というものです。明らかにもとドイツ兵の girlfriend だった彼女が戦後すぐ、ひどいリンチをされて村を追い出されていくところです。村の女達の口元の残忍な笑いがはっきりと見えます。

 悲しいですね。 
by MichikoSimon | 2006-11-30 15:41 | 英語 | Comments(0)

emigrate/immigrate

d0086231_10472427.jpg92

 ' the relationship between England and Ireland ' についての話もこれで3回目になります。メッセージをいただいた方がこれを知りたくなったきっかけの1つが、映画の ' Angela's Ashes ' だそうです。 「悲惨でした ...。」と書いてありましたが、確かにそうですね。原作にも、色々幼児期の作者を惨めにしたものを挙げ、 ' Above all -- we were wet. ' と書いてありますが、映画をみるとそれがとてもよく感じられます。全編雨という感じでした。

 題名の ' ashes ' というのは(ash の複数形です)火葬後の「遺灰」を意味します。小説 Angela's Ashes では作者の母 Angela はまだ死なず、次作の ' T'is ' の最後で亡くなりますが、映画ではどうだったでしょうか。

 私がこの映画の中で忘れがたい場面は、Angela に原作にないセリフを言わせている所です。Angela はもう子供は欲しくないので夫の要求する妻の義務を拒否します。極貧の子沢山の生活、プライドばかり高くて生活能力はない夫、そして避妊など許されぬ Catholic の信仰、現代の日本人にはもっともな理由です。夫はそれは「妻の義務」なのだから、拒否したりすると「地獄」に落ちるぞ、と脅します。これは現代の日本人には笑ってしまうしかない戯言ですが、多分作者の育った環境ではある程度のインパクトのあるおどしなのでしょう。Angela は答えて曰く、' Perhaps we're already ...... ' 。つまり、「もしかしたら私たちのいるここがもう地獄なのかも .....」。これはうまいセリフです。原作にある様々な悲惨な生活の場面をすべてひっくるめて暗示しています。原作では「もう1人こどもが増えないのなら、永遠に呪われようともそちらの方が魅力的だ」と言っています。こちらの方が力強い感じです。

d0086231_2137136.jpg England-Ireland という主題で書いていると、何となくこの方面に敏感になっていたのか、いろいろなアイデアが次々湧いて来たり記憶がとつぜん蘇ったりといったことがあり、大変助けになりました。昨日も偶然見た古い映画が、 Ireland が舞台の England の占領下の出来事についてのものでした。うれしい暗合です。

 その映画は ' Ryan's Daughter ' です。

 1970年製作の古いものですが、ぜひぜひ見ていただきたい素晴らしい作品です。その自然描写の美しいこと。海、浜辺、林の中、タンポポの綿毛、馬のたてがみ、とくに嵐の夜村中で、難破した船から流れて来たのでしょうか、武器を海辺に引き上げるところ、等々、きらめく光に満ちた Ireland 。そして、そのなかに繰り広げられる悲しく重い人間模様。

 1988年に行った Ireland の Limerick という町(市かもしれません)でのことを思い出します。 Limerick も町の中心部で川が交差するそれはそれは美しい所で、公園で会った若い女の子達とおしゃべりをしました。私が Limerick の美しさを述べそんな所に住む彼女達の幸運のことを言うと、彼女達は「そんなことは全くない。私たちはどこか別の所に行きたい。」と言っていました。それは勿論予想された答えではありました。 Ryan's Daughter の Catholic の古い土地での「存在のおさまりの悪さ」が重なって聞こえます。

 さて、今日の主題に入ります。England-Ireland の歴史ですが、1921年に Ireland は England の自治領になり、1949年に Northern Ireland を残して南部は独立します。英国の正式な名称は ' The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland ' といいます。しかし、Northern Ireland では未だに独立を目指す Nationalists たちもいて、England 側の Unionists との間の一触即発の事態も絶えたわけではありません。

 Angela's Ashes の書き出しは、' My father and mother should have stayed in New York ..... ' とあります。「私の両親はニューヨークに留まっているべきであった。」というのです。そうしないで Ireland に帰って来てしまったのです。彼らは emigrants でした。

 外国旅行をすると空港などで immigration ( immigrate /'ImIɡreIt/ 「ミグレイト」の名詞形)という語を見ることがあると思います。Heathrow Airport ではよく長い行列( queue )ができる所です。英語で入国目的、期間などを訊かれます。

 emigration ( emigrate /'emIɡreIt/ 「ミグレイト」の名詞形)は逆に自分の国を出てどこか別の国に移住することです。Angela's Ashes の作者の Krank McCourt の両親がそうでした。Riverdance でも emigration の結果 Irish dance とアメリカのストリートダンスとの交流が演じられるなど、貧しく閉鎖的な社会でもある Ireland の悲しいキーワードになっていると思います。

d0086231_118517.jpgd0086231_1184041.jpg アメリカで成功した emigrant も沢山いて、Kennedy 一家など、悲劇に見舞われましたが、その代表でしょう。 Gone With The Wind の主人公 Scarlett O'Hara も父親が Irish だという想定だったと記憶しています。

 England と Ireland との関係はこれで終了します。ありがとうございました。
by MichikoSimon | 2006-11-30 00:39 | 英語 | Comments(2)

the Church of England

d0086231_2112434.jpg91

 昨日 Stonehenge についての記事にもう1つのイギリス旅行のアトラクションを付け加えます。Glastonbury Tor です(写真)。実際に druid が来たとか来なかったとかの事実を超えて、これらの地は今もある人々の間ではスピリチュアルな聖地とされています。夏至だか冬至だかに何かの行事があるとか、King Arthur の Holy Glail が埋まっているとか、色々な伝説伝承を持っています。ひと時はヒッピーの聖地(?)として marijuana /ˌmærIˈwɑːnə/ (マリファナ)など現代の potions ( drugs )が嗜なまれていたとか、なんとなく今のプロテスタント系の英国国教会の国の雰囲気とは異質なものを感じさせます。現代の物質主義に反する精神が古代の伝説と風習にからまったのでしょうか。

d0086231_1028636.gif ブリテン島とアイルランド島とヨーロっッパとの地理的関係は左の図のようにあまり離れていません。私たちも7、8年前に Newcastle から Norway の Bergen へ船で行ったことがあります。夜出発で次の午前中にはもうノルウェーでした。Ireland は度々異民族の襲撃を受けました。古くはバイキング、ゲール人、後にはアングロ、ノーマン人など、みな海を超えて来たのでしょうが、地図を見るとそれも可能だと思わせます。さて、その後に来たのが England でした。この国は Ireland にとって最も手強い国となりました。いろいろな問題が今もまだ燻っています。

 今の英国ーアイルランド問題には Catholic と Protestant との宗教的な紛争という非常に解決の難しい問題がからんでいますが、これは England 王が Ireland 王をも兼ねた、つまり属国になった最初の頃には存在しませんでした。両国とも Catholic の影響が強かったので。

d0086231_10294121.gif ところが Henry VIII ( Henry the 8th, ヘンリー八世 )の時代になった1536年、彼はローマと縁を切り、the Church of England (英国国教会)を創立し、自身その長となりました。これは現在でもそうで、国王である Elizabeth II が the Church of England の首長です。

 彼がそうした理由は、よく知られているように、彼が離婚できるようにするためと言われています。先日 ' Anne of the Thousand Days ' (1000日のアン)という映画を見ました。この映画にはそこのところの事情が描かれています。Henry VIII は当時の妻 Catherine of Aragon と別れて Anne Boleyn と再婚するためにカトリックを捨てたのです。興味のある方、どうぞ映画をご覧下さい。

d0086231_10304319.gifd0086231_10305646.jpg 左右の写真が Henry VIII (これは右上の Elizabeth II のシルエットからもわかるように切手です)と Anne Boleyn です。2人はめでたく結婚するのですが、2人の間に将来 England の最盛期を築く事になる女の子( Elizabeth I エリザベス一世)を残して、Anne は(おそらくでっちあげられた)姦通のとがを受け処刑されます。その後 Henry Ⅷ は新たに得た特権を活用して男の子欲しさに何回も結婚を繰り返すことになります。

 Henry Ⅷ の後、Elizabeth I 、James I と England は Ireland の制圧を進めて行きました。後 England 内部でも Catholic 問題でゴタゴタがあり、清教徒革命(余談になりますが、2度の火災の後 the Globe Theatre は社会の気風の変化ー清教徒たちは芝居小屋のようなものをよしとしなかったーから1999年まで再建されることはなかったのです)、共和制、王政復古を経て、名誉革命、そして William of Orange (オレンジ公 William)が来ます。この間 England の Ireland の制圧は更に厳しくなり、 Protestant の要素が多分に混ざった the Church of England 側の Catholic Ireland に対する迫害が続き、 Ulster 地方を中心とする土地への Protestant の移住が広がっていきました。次第に産業の要を握る 豊かなProtestant England と貧しい Catholic Ireland という図式が出来上がっていき、 Ireland は England に完全に合併されました。

 William of Orange の名は今も the Orange Order という反カトリックの結社の名にのこっており、この the Orange Order の人たちはその記念日( Catholic のアイルランド人に取っては勿論屈辱の日)に行進をします。ある年、(いつかは忘れましたが、私がイギリスにいた時でした)にはそれまでは迂回していた Catholic の地区でも練り歩いたため、市街戦ともいえる状況を引き起こしました。それ以来そのニュースをのがさずに見るようになりました、どうしてそんな行進をしなければならないのか?といぶかりながら。

 その後1921年に英愛条約によって全 Ireland が英国の自治領(カナダ、オーストラリアのように)になるまで、いろいろなことがありました。アメリカ独立やフランス革命は、1つは海外移住を盛んにし、もう1つは England への抵抗運動を動機付けたのかもしれません。Sinn Fein という、暴力によらずして独立を目指す党は1900年頃結成されました。

 明日はこの続きのお話しをします。

d0086231_10322662.jpg ここでもう1つ余談をします。写真は Hever Castleヒーヴァーカースル)で、Anne Boleyn が子供時代を過ごした所です。美しい庭園でも知られ、 ' Anne of the Thousand Days ' (1000日のアン)という映画にも出てきます。ここはサイモンの父親と一緒に訪れた、私たちにとってとても思い出深いところです。
by MichikoSimon | 2006-11-28 18:43 | 英語 | Comments(1)

druid

d0086231_911835.jpg90

 今日から3回か4回くらいにわたって ' the relationship between England and Ireland ' (発音は /'aIələnd/ アイアランド)についてのお話をしようと思っています。といっても両者とも長い歴史をもった国ですし、その関係も長期にわたっています。ここではそれを何回かに分けて、英語の言葉に関連付けてお話しします。

 また、このブログはすべて、資料をただ引き写しただけの空疎な言葉を語らないように、私たちの体験に根をもつ「生命をもった言葉」をお伝えしたいと努力しております。勿論資料は調べますし、正確を期しますが、これは学術論文ではありませんので、何か間違いがあるかもしれません。その時はどうぞお知らせください。

 さて、今日の言葉は ' druid /'druːId/ ' (「ドゥルーイド」)です。これは ' survival English ' には全く必要ないものですが、イギリスを旅行するだけでも多分よく聞く言葉ではないかと思います。これは昔々紀元前の Celtic (ケルト)の社会の priest (宗教者)の集団というか階級に属する人のことです(写真)。

d0086231_10113843.jpg Celtic (ケルト)の社会の構成員である Celts (ケルト人)とは古代ヨーロッパ人の1部で、Ireland の島はこの Celts の領域でした。Riverdance をご覧になったことはありますか?このダンスでは、ケルトの神話や歴史などが主題になっています。

 druid に話を戻します。Celts (ケルト人)が地理的にどこまで広がっていたのかはっきりわかりません。現在のイギリスに来たことは確かなようです。ただ、イギリスにある古代石群(一番有名なのがイギリス南西部にある Stonehenge 「ストーンヘンジ」)が、d0086231_10263544.jpg学者たちは関連はないと言っているにもかかわらず( druid がイギリスに来る以前の建造物であるという理由から)、何故か ' druid ' の聖地とされています。 これがイギリス旅行で druid という言葉をよく聞く理由です。この druid の文化的(だけだったのか?)支配の痕跡のケルト文化は北部ヨーロッパに広く見られます。イギリスに限ってみても Easter, Halloween など彼らのカレンダーの名残、mistletoe など植物に関する風習の残滓などがあります。私がクリスマスの mistletoe /ˈmIsəltəʊ/ (「スルトウ」)の風習をはじめて聞いたのはスコットランドにいた時でした。このスコットランド出身の James Fraser が書いた、' The Golden Bough '、日本語で「金枝篇」にはこういった文化習俗について詳しく書かれていますので興味と意欲のある方はどうぞ。長い長い本です。
d0086231_10461480.jpgd0086231_1044681.jpg
d0086231_1654493.jpg 今 ' Tristan and Isolde ' (「トリスタンとイゾルデ」)という映画が掛かっていますが、これもアイルランドとイギリスの関係が織りなす伝説のお話を基にしています。ただこのストーリーは伝説にありがちな色々なバージョンがあります。映画は見ていませんが、見た人の話では、ワーグナーのオペラやその他のいくつかのバージョンにでてきたサイドストーリーや細部がカットされたりしていたそうです。

 私がこの伝説で注目した点は、第一に、媚薬( ' love potion ', Harry Potter series で Professor Snape が ' potions ' を教えていましたよね)が重要な役割を持っている事です。 druid の伝統が思い起こされます。もう1点は、Tristan が King Arthur の円卓の騎士の1人だとされているということです。King Arthur というのは、乱暴な比較をするなら、日本の倭武尊(ヤマトタケルノミコト)のような伝説上の人物で、「剣」が重要な小道具として登場したり、「王」になったとかなれなかったとか多少悲劇性も含んでいる(似ていますね)、こちらはイギリス側の要素です。
by MichikoSimon | 2006-11-27 17:02 | 英語 | Comments(0)

pit in the Globe Theatre

d0086231_23284427.jpg87

 昨日の pit の補足をします。劇場には orchestra pit の他にも pit と呼ばれる場所があります。現代にはないものと思っていましたが、サイモンによると the Globe Theatre にはあるということです。

 ロンドンに行く方の中には劇場でミュージカルを見るとか、Shakespeare の建てた the Globe Theatre を見に行く方も多いと思います。東京にもグローブ座というのがありますね。

 ただロンドンに現存のそれは the New Globe Theatre とも呼ばれ、元のもの( the Old Globe Theatre )のレプリカです。the Old Globe Theatre はエリザベス朝の1599年に建てられ、2度の焼失の後、清教徒革命の影響などで400年後の1999年まで再建されませんでした(再建計画は100年程あったのですが)。the New Globe Theatre は the Old Globe Theatre とほとんど同じ場所にほとんどオリジナルに忠実に建てられました。世界で最も有名な劇場の1つです。

d0086231_23454830.jpgd0086231_23451718.jpg さて、私たちは残念ながらこの劇場に実際に行った事はないので、うまく説明できるか自信はないのですが、写真を3枚紹介します。

 下の2枚が、 the New Globe Theatre の外観と上から見たものです。 真ん中が open-air の(屋根のない)劇場です。上の写真に pit が一部写っています。これは Lords Room という上等な席から「舞台、ギャラリー、pit 」を見た所だそうです。ちょっとわかりにくいです。pit は1番安く芝居が見られる所で、屋根も席もないただの土間のような所です。確かに穴のように見えます。
 
 この劇場に関するサイトを3つ紹介しておきます。興味のある方はどうぞ。

 the Old Globe Theatre の歴史
 the Old Globe Theatre の Lords Rooms について
 the New Globe Theatre
by MichikoSimon | 2006-11-24 23:59 | 英語 | Comments(0)