<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

could't've been better 過去のことならこれ

648

d0086231_1322686.jpg ' could't be better ' のところの説明、ちょっとわかりにくかったかもしれませんね。

 あまり考え込まずに「これは強調形であり、過去ではなく、現在のことである。」とだけ覚えておいて下さい。

 ところで、「じゃあ、過去のことを強調して言うにはどうすればいいのか?」という疑問をお持ちの方もでて来ると思います。

 たとえば、7月19日のブログの例の映画をもう見てしまった後に同じようなことを言いたいとします。すると;

The seats we sat in the cinema couldn't have been better.

 つまり時制をもうひとつ過去の方向へ遡って「大過去」にします。

 これを理解するにもまたまた条件法を説明することになってしまうのですが、「もしペリーが浦賀に来なかったら〜だったろう」とか「もしクレオパトラの鼻がもう少し低かったら〜だったろう」とかいう「実現しなかった過去、非現実の過去」の片割れです。

 「(もし、あらゆることをしていたとしても)それ以上の席は予約できなかったであろう」くらいにいい席、でした。

 右の写真は「知りたくないの」という歌のジャケットです。「過去はもうすでに起こってしまったことであり、なかったことにはできない」ということで、「何故条件法、仮定法は現在については2種類(現実と非現実)あるのに、過去に関しては1種、非現実しかないのか」を肌感覚的に示してくれます。まあこれは皆あたりまえに持っている感覚なのでしょうが、英語に応用しようとすると考え込ませることになってしまうようです。

could't've been better は「こう聞こえる」というのをあえて表記してみたものです。have の /h/ の音は聞こえないです。
by michikosimon | 2009-07-31 13:45 | イギリスにて

those 話し言葉ではない

647

d0086231_11314524.jpg 前々回のブログで紹介した ' Heaven helps those who help themselves. ' という文言についてもう少し説明します。

 ' those ' という言葉ですが、ひっかからずにスっと理解できましたでしょうか? もしそうなら、かなり英語に慣れていらっしゃると言えましょう。

 これはそう頻繁にお目にかかる言葉ではないと思います。少なくとも口語ではありません。

 ただし、私のこの言葉についての初めての体験はかなり早くて、中学生の時でした。部活の英語クラブで詩の朗読をした時のことです。誰の詩だったかももう思いだせないのですが、題名は " We are seven ' というので、' ...... those who are dead ..... ' というところと、最後の ' No, We are seven ! ' だけ覚えています。内容は、小さな女の子が7人きょうだいだったのだけれども現在は何人か死んでしまっている、しかし彼女はまだ死というものが理解できず、死んだきょうだいも天国にいるのだからまだ7人のままでいる、というものです。

that;
(formal) used when talking about a particular person or thing, especially one which is a particular type or kind
(例)In my opinion the finest wines are those from France.

 うえに述べたことから私には those とか that は「詩」や「韻文」と結びついているのですが、定義によればそうとは限らないようです。きっと、formal な話では聞くことがあるのでしょう。

 上記の例文は、' The finest wines are the ones (which are) from France. ' でも、いっそのこと簡単に 'The finest wines are from France. ' でもよさそうなものですが、those を使うことにより重々しく印象的になるような気がします。

 ところで、' Heaven helps those who help themselves. ' は「韻文」という印象からか聖書からの引用だと私は思っていたのですが、そうではなく Samuel Smiles という人の「自助論」(こういう本が書かれ広まる社会的背景もあったのですね)の序の言葉だそうです。
by michikosimon | 2009-07-24 12:13 | イギリスにて | Comments(0)

They couldn't be better もおっ、最高!

646

d0086231_206766.jpg" I've booked the tickets for us. They couldn't be better. "

 こんにちは、お休みが続きましたがお元気でいらっしゃいましたか?

 さて、上のような言い回し、英語ネイティブのあいだではしばしば耳にします。私達もつい最近クラスで使用しましたが、正しい意味が伝わりましたでしょうか?

 「切符の予約をしたんだけれど、その切符が ' couldn't be better ' 」ということです。これは、普通に考えてみても「これ以上 better になりえない」ということですから、' best ' ということになり、これでなんとか理解できます。

 ただそれだけではちょっと「まあその辺」くらいに留まってしまいます。ここで少し考えてみましょう。どうして時制が couldn't で can't でないのでしょうか? booking をした時点は過去だったからというのでしょうか? 答えは No です。

 この couldn't は「過去形」ではありません。日本の学校などではどのように教えられているのか知りませんが、私なら「条件法の過去」、つまり「非現実の現在」の片割れというふうに解します。

 「片割れ」というのは、「もし時間があったら(実際ないのだけど)..... 」というような「条件」の方が省かれているもの、という意味です。普通なら「もし〜なら(条件)、であろう(推論)」と考えられますから。

 ですからこの切符の場合について言えば、「(もしありとあらゆる手段を使って、無理までして、良い席を取ろうとするとしても)もっとよくは成り得ない程に素晴らしい切符である」となります。

couldn't be better;
emphasize how good something is

 そう、「超いい席」という「強調」の意味になります。
by michikosimon | 2009-07-19 20:46 | イギリスにて | Comments(0)

to help someone help themselves

645

d0086231_16395825.jpghelp somebody (to) do something;
to make it possible or easier for someone to do something by doing part of their work or by giving them something they need

 いきなりの定義ですが、こんにちは。

 この言葉は、BBC World によくでて来る ' the Kuwait Fund ' とかいう会社?または公社のようなものの宣伝文句の最後の部分で聞き覚えました。

 ' The Kuwait Fund helps people help themselves ! , ジャーン ' というのです。つまり、この文句の前後の映像が示すように、水を得られない人々に井戸掘りの技術や井戸の管理方法を指導したり(水そのものをを与えるのではなく)、飢えている人々に農業支援をする(食料援助ではなく)ということです。自活支援とでも言いましょうか。people が help themselves するのを(するように、できるように)助ける。

 これを聞いて、又は見て、アレッと思う方もいるのではないでしょうか? ' help + to 無し不定詞 ' です。上の定義にもあるように、これで正しい英語です。

 普通は、というか例えば ' want, get, allow ' などの動詞にプラス ' somebody to do ' (sb + to 不定詞)がくるといった用法が知られています。

I want you to turn right at the next light.

 なんて運転免許の試験の時に同乗の試験官に言われたのを思い出します。

 ところが例えば ' make, let ' などの使役動詞では ' somebody do ' (sb + to 無し不定詞)がきます。

That tune makes me want to dance.

 ' help ' はこれらの中間にあると言いましょうか、どちらでも正解となっています。実際どちらが多く使われているのかは何とも言えませんが、「 ' to 無し ' もよく聞く」とだけは言えます。

 特にこの ' to help someone help themselves ' を取り上げたのは、「天は自ら助くる者を助く」という saying と間違えてしまいやすいからです。特に to 無しだと。

 「天は自ら助くる者を助く」は次のようになります。

Heaven helps those who help themselves.  

 ' themselves ' と再帰代名詞(というんですか?)が複数になることにも注意しましょう。
by michikosimon | 2009-07-01 16:26 | イギリスにて | Comments(0)